期間限定:おうち時間を楽しむためのPOP-UP
Facebook Twitter LINE

2020.05.04 Mon

#Osaka / Kyoto

BACK TO NIGHT CLUBING!!!   楽しかったあの頃を振り返ってみた。2004年 PART1

BACK TO NIGHT CLUBING!!! 楽しかったあの頃を振り返ってみた。2004年 PART1

#カジカジSTAY HOME#クラブ#スナップ#音楽

Facebook Twitter LINE

STAY HOMEを少しでも楽しんでもらいたいということで、過去のカジカジで連載していた名物企画『NIGHT CLUBING』を振り返ってみたいと思います。音楽がある現場はやっぱりカッコイイ人ばかり。ファッションもマイルール全開でみてるだけで楽しいですよ。「こんなイベントあったなぁ」と懐かしむのも楽しむコツ。なお、当時の原稿そのままに掲載していきます(年齢・職業も当時のものです)。アルバムを見る感覚でどうぞ!!!

 

 

 

2004年 1月号

MIXMASTER MORRIS meets sea of green

11/24 mon at ぼたん別亭

 

QUESTION : 2003年一番よく聴いたCDは?

 

 

⬆︎クリックで画像開きます

 

 チルアウト・マスターMIXMASTER MORRISと大阪・淀屋橋のぼたん別亭(築昭和三年、大正建築様式の料亭)、この両者の巡り合わせが生んだのは…ユルやかで心地良くも刺激的な空間だった。一階のメイン部屋では、座ったり寝転んだりして最高にチルで澄んだ音にハマっている。二階では、畳の上でおでんや天ぷらを食べたり個室で鍋を食したりと半ば宴会座敷みたいなノリになっていて(笑、それが一段落つくとすっかりゆるゆるに…)、他愛もない会話、笑い声、雨の音などがスピーカーからの音と溶け合っている。そこに居た半覚醒(つまりウトウトと入脱睡を繰り返している)状態のこの人の脳ではどんなサウンドが鳴っているのだろうか? と羨ましく思った。こんな場がもっと増えたらいいのにな。

 

Text / Takuya Nakatani Photo / HONDART

 


 

 

2004年 3月号

Calling

2003 12/30 tue at DAWN

 

QUESTION : 貴方のモラルは?

 

 

⬆︎クリックで画像開きます

 

 この号が出る頃にはダウンが無くなってから2ヶ月半くらいか。いつもあの場で顔を合わせては乾杯したり笑ったりアガったり、そこから何かが生まれたり、してたのにね。としんみりセンチメンタルになりつつも、跡地にて3月中旬にスタートする“クラブダウン・プロジェクト”による新店「noon」が楽しみで仕方が無い今日この頃だったり・・・。さて、こちらはラストデイの前日、RAFT musicがお送りするお馴染み“Calling”の風景。ダウンの夜に溶け合うmama milk!、上質でスリリングな楽曲を聴かせたCOMBO PIANO。最強トリオのアンサンブルはやっぱ最高、LITTLE CREATURES。ドラムス栗原の「そういや僕らがダウンで最後のライブなんだよね」・・・の言葉で冒頭の郷愁へ戻る。

 

Text / Takuya Nakatani Photo / HONDART

 


 

 

2004年 4月号

10th anniversary history of karma

2/21 sat at KARMA

 

QUESTION : 今まで盗られて一番ムカついたものは?

 

 

⬆︎クリックで画像開きます

 

 大阪・北新地に位置するクラブ、KARMAが祝10周年!! そんなメデタイ夜に集ったのは、EYE、KIHIRA NAOKI、KURANAKA、FULLMOON MONDO、松岡成久、サイケアウツ、DJ NOB TEE、LITTLE BITCH crewなどといった同クラブゆかりのDJたち15組。タイトルにもある通り10年を足早に振り返るようなその内容に、歴史を感じつつ先も楽しみになってくる。フロアは新旧クラバーを始め各種関係者、ドラァグクイーン、新地オネエなど、このハコならではの顔ぶれになっていて、至るところで「おめでとう~!」の乾杯が進行中。こんなふうに、これからもKARMAはハッピーな空気や刺激的なエネルギーで満たされ、いろんな出会いや笑顔が溢れる場所であり続けるのでしょう。

 

Text / Takuya Nakatani Photo / HONDART

 


 

 

Continue to the next night..

 

Facebook Twitter LINE
loading