カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2016.09.03 Sat

#Shiga

近江商人に会える、感じられる自転車で巡る『近江八幡』市街地編1

近江商人に会える、感じられる
自転車で巡る『近江八幡』市街地編1

#グルメ#体験#街歩き#近江八幡

Facebook Twitter LINE

前回は淡水湖で日本唯一の有人島「沖島」サイクリング。漁師町で夜の漁に備え、昼間はゆったりとした時間の流れる島の暮らしを満喫。今回はその沖島から日本の情緒あふれる商人の町、近江八幡を訪れました。

 

 

沖島から近江八幡の中心地となる八幡掘周辺まではおおよそ9㎞。来た道を単純に戻るけれど少し道をそれてみると酒好きにはどうしても気になる「酒直売 梅幸」という看板を発見。矢印の方向に行ってみると小さな直売所を発見した。

 

 

酒直売 梅幸の看板が気になってついつい寄り道

酒直売 梅幸の看板が気になってついつい寄り道

シャッターが完全に開いていなかったが呼び鈴を押すとお店のおばあちゃんが開けてくれた

シャッターが完全に開いていなかったが呼び鈴を押すとお店のおばあちゃんが開けてくれた

 

中に入るとおばあちゃんの姿。「ただ好きなだけで造ってるから、本数は少ないけれど目当てに来てくれる方がいる」とおばあちゃん。自転車のため試飲ができなかったが、せっかくなので720ml(2500円)を購入。自宅に帰って飲んだ感想は濁りのない味わい深い甘みに、丁寧に作られたコメの味が広がる絶品。聞くと近江八幡観光ついでに遠方から購入に訪れる人もいるんだとか。自転車で偶然見つけた直売所、美味しい思い出を造ることができた。

 

 

O8_2

大中山山田錦100%の大吟醸。すっきりでも深みとコク、甘みが広がる日本酒。その場で試飲も可能

 

 

梅幸酒店

滋賀県近江八幡市大中町57

Tel:0748-32-6591

http://shigasakari.jp/baikou/index.html

 

 

 

 

行きはしんどい向かい風だったが帰りは追い風。少しペダルを漕げばすいすい進むから嬉しい。左手に見える西の湖や一味違う飛び出し坊やにも出会えた。

 

 

途中に見える西の湖の風景

途中に見える西の湖の風景

愛らしい色合いと表情の飛び出し坊や

愛らしい色合いと表情の飛び出し坊や

 

行きよりもずっと楽に近江八幡宮に到着。大きな日牟禮八幡宮の鳥居の向いにはレトロな洋館白雲堂が佇む。鳥居をくぐって八幡掘を眺めれば水郷巡りの船が通る。古くは織田信長や豊臣秀次らが戦国の世の疲れを癒すために始めたと言われる水郷巡り。船から眺める景色はまた一味違うんだとか。

 

 

O8_5

日牟禮八幡宮の鳥居に到着

 

1977年の西洋風建築物、八幡東学校を復元したもので1階は特産品、観光案内所。2階はギャラリーになっている

1977年の西洋風建築物、八幡東学校を復元したもので1階は特産品、観光案内所。2階はギャラリーになっている

近江八幡の代表的な観光名所「八幡掘」

近江八幡の代表的な観光名所「八幡掘」

 

 

 

近江八幡についたところで休憩がてら、和菓子の名門、1872年創業の「たねや」本店で休憩。落ち着いた店内ではその場で焼いた餅などを温かいまま食べることができる。パリッとした表面にもっちりとした触感、その中に上品な味わいのあんが包まれ絶品。

 

O8_8

歴史ある美しい日本家屋のたねや日牟禮乃舍

 

 

店内ではお菓子作りの風景が見られる

店内ではお菓子作りの風景が見られる

焼きたてのつぶら餅はパリッとした触感にやわらかなお餅、上品なあんこのハーモニーが絶品。1個80円

焼きたてのつぶら餅はパリッとした触感にやわらかなお餅、上品なあんこのハーモニーが絶品。1個80円

 

 

たねや日牟禮乃舍

滋賀県近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ

Tel: 0748-33-4444

9時~18時 年中無休

taneya.jp

 

 

 

 

自転車は駐輪し八幡掘を散歩に。堀沿いには小さな小道ができていて石垣を歩くことができる。輝く水面から反射した光が桜の葉に映る。古くから変わらない美しい景色がある。

 

 

O8_11

こぼれ日に照らされた石畳

 

 

 

八幡掘り沿いは自由に散歩できる

八幡掘り沿いは自由に散歩できる

船がゆっくりと行き来し、非日常的な時間が流れる

船がゆっくりと行き来し、非日常的な時間が流れる

 

八幡掘り沿いには古民家を改装して造られた「八幡掘石畳の小路」がある。ここには町屋や蔵をリノベーションした店舗に喫茶店やアクセサリー店、甘味処などが集まる。せっかくなので近江牛肉を販売するレストラン千成亭でコロッケを注文。その場で揚げたてで食べられ、イートインコーナーもあるのが嬉しい。この日もたくさんの人が訪れコロッケは常に揚げ続けられていた。

 

 

O8_14

喫茶店や雑貨店が集まる八幡掘石畳の小路

 

 

O8_15

近江牛が使われたコロッケ。イートインスペースで食べることができる。近江牛コロッケ100円、近江牛が2倍のプレミアムコロッケ200円

 

 

八幡堀 石畳の小路

滋賀県近江八幡市大杉町12

www.ishidataminokomichi.jp/about

 

 

 

 

次ページ 》まだまだ続く近江八幡の旅

 

 

【関連記事】

自転車で巡る『近江八幡』沖島 前編

自転車で巡る『近江八幡』沖島上陸編

 

Report / Yukako Okada

Facebook Twitter LINE
loading