カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2016.07.23 Sat

#Other

カジカジ編集部が行く!いけてんの!? 徳島ツアー ~前編~

カジカジ編集部が行く!
いけてんの!? 徳島ツアー ~前編~

Facebook Twitter LINE

 

夏がやってきた! とはいえ、海外へ旅する時間もお金もナイ…。そんなアナタに届ける近場のトリップ。

それは、T O K U S H I M A 『徳島』。

 

いやいや…w

 

正直、徳島ってわざわざ行くとこ!? そう思ったみなさんも多いことでしょう(徳島県民のみなさん、すみません)。でも実際どうなん? ってことで、カジカジ編集部で探ってきました。

 

1泊2日の旅をブログ形式でお届け。写真の甘さは愛嬌と思って許してください。

 

 

週末の夜に出発

TOKU_02

 

 

取材を終えた後、19:00に編集部集合、いざ車で出発! 淡路ハイウェイオアシスで休憩を取りつつ、21:30には徳島市内へ到着。大阪市内からなんと2時間半!思ったより近かった!

 

 

TOKU_03

カジカジ編集部の一部の人たち

 

 

 

歓楽街de阿波おどり

まずは空腹を満たすため、名産の阿波尾鶏(あわおどり)なるものを食す! 着いてすぐにアクティ21というビル前で現地人と待ち合わせ。ここらへんは驚くほど夜にぎわっていて、東南アジアの歓楽街に来たような錯覚に陥り、一同テンションMAXに。

 

TOKU_A_01

 

やってきたのは、ビル内にある一見チェーン店か… と思うような焼き鳥屋「風見鶏」。チェーン店のような豊富なメニュー陣の中には、カンガルー肉やワニ肉、クジラ肉…など、想像を覆すコアな一品がしれっと並んでいて、ただ者じゃない一軒と気づく。

 

 

 

阿波尾鶏の皮串¥200は、皮とは思えないほど分厚い!! これが徳島のフツーなのか!?

 

TOKU_A_06

そしてすだち酒は、ジュースのようなさっぱり感でめちゃくちゃうまい。阿波尾鶏とも相性ばっちり。何杯でもいけるので、ぜひ味わってほしい!

 

 

焼とり屋 風見鶏 かざみどり

徳島市紺屋町5-2 アクティ21 8F

TEL:088-654-1694

17:30~L.O 23:30

kazamidori-tokushima.com

 

 

 

終電という概念がない..

深夜0:00に近づいても、歓楽街に解散とか急ぐ気配はない。

 

なぜなら地元の人たちは電車をほとんど使わないため、飲みにきたなら好きな時間まで飲んで、そして代行で帰るのだ。週末の夜は、日付が変わっても“まだまだ終わらない”感が漂ってます。

 

 2軒目は、路地を入っていった隠れ家的バー。

 

 

TOKU_B_04

徳島の郷土料理「そば米汁」。五臓六腑に染み渡る。甘さのあるだしに、阿波尾鶏、根菜、そば米が入ってます。もちろんすだちも。

 

 

 

名産が集まる「とくしまマルシェ」

 

TOKU_C_01

翌日の朝から向かったのは… 徳島駅からも近い新町川周辺で行われるという「とくしまマルシェ」。毎月最終日曜日に開催される市に、ラッキーなことに遭遇。

 

 

 

川をぐるっと囲むように、産地直送のブースがたくさん並びます。

 

 

 

TOKU_C_07

野菜から地ビールまで…。昼時点で売り切れのブースも!

 

 

 

TOKU_C_09

 にぎわっていたタイラーメンのお店。めちゃくちゃうまい

 

 

とくしまマルシェ

しんまちボードウォーク&水際公園

毎月最終日曜日 9:00~15:00

http://tokushima-marche.jp/

 

TOKU_C_11

 

 

「¥200」でボートの旅

TOKU_D_01

 

とくしまマルシェが行われているボードウォークの両国橋下から、「ひょうたん島クルーズ」と呼ばれる遊覧船が出航。大人¥200で乗れるとのことで、レッツトライ!

 

 

橋下をくぐる時はしゃがまないと当たってしまう、なんてスリルもあり、これまた楽しい!

 

 

 

TOKU_D_05

 

    

    ・

    ・

 

《おまけ》徳島市街地ギャラリー

 

 

淡路島は阪神だが、徳島は巨人ファンエリア。注意が必要

TOKU_04

 

 

シャッターが目立つ中心地。だからなのか、やはり海外のようないい抜け感がある

 

 

徳島には、駐車場のタイムスはひとつも見つからなかった。

代わりにあるのが「ミニッツパーク24h」

 

TOKU_11

TOKU_12

TOKU_13

TOKU_14

TOKU_15

 

 

後編へつづく…. 次回をお楽しみに!

 

 

実は今回の旅は、徳島ローカル誌『あわわ』メンバーのガイド付き。

心強い。あわわ最新号はこちら↓

 

awawa-cover
『あわわfree』8月号 TAKE FREE

『阿波おどりガイド2016』あわわfree8月号特別付録&別冊 TAKE FREE

『月刊Geen(ジーン)』8月号 400円

 

創業36年、徳島のタウン情報と言えば『あわわ』!

http://awaawa.com/

 

 

 

後編は明日掲載 … (予定)

 

TOKU_16

Facebook Twitter LINE
loading