京都夜の遊び方、新提案。<br>MAGASINN KYOTOにて、<br>ホテル特集「BOY MEETS SHE, 〜京都夜遊〜」はじまる

京都夜の遊び方、新提案。
MAGASINN KYOTOにて、
ホテル特集「BOY MEETS SHE, 〜京都夜遊〜」はじまる

2018.05.04 Fri category : HAVE FUN

 

「泊まれる雑誌」がコンセプトの『MAGASINN KYOTO(マガザンキョウト)』。「触って、使って、泊まって、買える」。 五感をフルに使ってカルチャーを体験できる話題のスポットである。

 

ショップ・ギャラリー・イベント会場といった様々な機能が落とし込まれたこの空間は、夜になると1日1組限定、1棟貸切のホテルに変貌する。さらに、年に4回、あらゆるジャンルの“共同編集者”とともに特集を組み、壁を誌面に見立てさまざまな情報を発信。3カ月ごとに展示品などを入れ替えるので、いつ行っても新しい発見がある。

 

さてvol.8となる今回の特集は、ホテル

『HOTEL SHE,(ホテルシー)』とタッグを組み、「BOY MEETS SHE, 〜京都夜遊〜」と銘打った。ホテルの中にホテルを作る、HOTEL in HOTELという形態で、京都の夜遊び体験を提案する。

 

一体、何がはじまるのだろうか? MAGASINN KYOTOオーナーの岩崎さんは以下のように説明する。

 

大都市に比べると、京都の店仕舞いは随分早いと言われます。

ガイドブックに載らない、やってないようでやってるディープな深夜営業のお店は、マガザンの近くにも実はたくさんあります。そんな場所を旅行者の方にも是非知ってほしい、夜遊びってもっとたのしくできるんじゃないか、なんていう議論が白熱して、気がついたらてんこ盛りな特集になりました。

 

水を弾くパーカでおなじみALL YOURSとHOTEL SHE, とのトリプルネームで夜遊びパジャマを開発したり、jeremy&jemimahのオリジナル綿菓子を販売したり、夜遊マップに銭湯タオル、風呂桶も作ったり、風呂上がりのノーメイクで出かけられるようにニットキャップと伊達眼鏡の無料レンタルも始めたりします。そして、HOTEL SHE, のHOTEL in HOTEL、泊まれるインスタレーションにも注目!(ぼくもまだ見てません笑)

いつもと変わらず、お泊まりの方も泊まらない方もぜひ夜遊びしにお越しください。

 

夜が楽しくなるこれからの季節、陽が沈んでからが本番のディープな京都に触れてみませんか?

 

 

 

 

 

ホテル特集「BOY MEETS SHE, 〜京都夜遊〜」
京都府京都市上京区中書町685-1
☎︎ 075-202-7477
2018.05.04 〜 7月末(予定)
16:00 ~ 20:00(日曜は14:00~)
火・水休

 

宿泊
時間:チェックイン 平日16:00~20:00 / チェックアウト 11:00
宿泊料:1人1泊5000円〜(1人追加ごとに+6000円〜、最大5人まで)
定休日:宿泊は無休

▶︎宿泊予約はこちらから

 

 

 

関連おすすめ記事

「雑誌」って何だろう?

カジカジ╳マガザン『ホテルニューカジカジ』特別対談

 

「ホテルシーンを面白くしたい!! 新しい風を巻き起こす女の子」

龍崎翔子 Monday Morning Girl #33

 

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > HAVE FUN > 楽しむ・体験 > 京都夜の遊び方、新提案。
MAGASINN KYOTOにて、
ホテル特集「BOY MEETS SHE, 〜京都夜遊〜」はじまる