カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2017.12.10 Sun

#Osaka

洗練された街、京町堀界隈をご案内

洗練された街、京町堀界隈をご案内

#ショップガイド#京町堀#街歩き

Facebook Twitter LINE

 

その街のことをもっと深く知りたければ、そこで暮らす人に聞くのが一番手っ取り早い。ということで、各エリアを代表するお店のスタッフさん7名に改めて、”我が街”を案内してもらいました。

 

大阪をもっと楽しくする7人のショップリスト。最初は、カルチャーアパレルブランド<エビノマ>のデザイナー「MONCHI」さんがホームタウンの京町堀をナビゲートしてくれました。

 

 

NAVIGATORMONCHIさん(デザイナー / エビノマ)

人気曲やレア音源を詰め込んだ「BEST OF L.L.K.P mix by DJ fuse」が発売間近。『L.L.K.P.』のラッパーとしても活躍。12月28日には中崎の『NOON』にて主催パーティー「BUBEMO vol.02」を開催予定。

 

 

静かな週末が狙い目の

パークサイドストリート

 

靱公園を中心とした緑あふれるロケーションに魅了され、数年前から同エリアに暮らすMONCHIさん。自宅から歩いて数分のところに『E』を今年4月にオープンさせるなど、1日のほとんどを京町堀で過ごす彼にこの場所を案内してもらった。

 

ナビゲートしてもらったお店は“京町堀1丁目”。いわゆる靱公園北側のメインストリート。京町堀を代表する『ネペンテス 大阪』をはじめ、『レイコール』や『ハウス』でワードローブを買い、デニムのお直しに『デニムサルーン』へと足を運び、『ひまわり』でランチに舌鼓を打ち、『ヤエ』でギフト用のドライフラワーを購入するなど、MONCHIさんの生活スタイルがこのストリートに凝縮されている。また、「ビジネス街でもあるので平日は人が多いんですが、週末は静かでゆっくりできる場所ですよ」というMONCHIさん。本当に京町堀の良さを味わうなら、誰にもジャマされずにショッピングができる休日が狙い目だそう。

 


 

洋服好きを魅了する関西唯一のネペンテス

 

 

今年で9年目を迎える、ご存知『ネペンテス 大阪』は、昨今盛り上がりを見せる靭公園周辺の火付け役的存在。ネペンテス系ブランドを中心に、服好きを魅了するラインナップが魅力で、最近では、先シーズンスタートした<AïE>が若者を中心に話題に。「この辺りでは、やっぱりここは外せない。個人的にもよく買い物に行きます」(MONCHI)。

 

 

AïEのクレイジーパーカー 各¥39000

AïEのクレイジーパーカー 各¥39000

エンジニアド ガーメンツ×ドクターマーチンのレザーシューズ ¥48000

エンジニアド ガーメンツ×ドクターマーチンのレザーシューズ ¥48000

 

 

NEPENTHES OSAKA ネペンテス 大阪

大阪市西区京町堀1-13-16

Tel : 06-6446-9882

11:00~20:00 不定休

www.nepenthes.co.jp

 


 

テラス席もおすすめ。

京町堀のオアシス的スポット

 

 

MONCHIさんも週2ペースで通う『ひまわり』は、京町堀のお母さんこと渡辺さん親子で営むアットホームなお店。昨年からスタートした、おむすび定食がランチの一番人気で、(おむすびの)中身は、材料にもこだわった5つの具材から2種類を選べる。豊富な日本酒と家庭料理を味わえる夜も賑わいを見せる同店は、近隣住民を中心にファン多し。

 

 

 

おむすび定食  ¥800

 

 

家庭料理 ひまわり

大阪市西区京町堀1-13-17 ハイツオークラ靭公園

Tel : 050-5594-4636

11:30~15:00(ランチ)、18:00~24:00

月曜休、火曜ランチ休

 


 

丁寧でセンスも抜群。 職人気質のリペアが魅力

 

 

デニムメーカーで20年勤めた店主・井戸向 弘和さんが昨年5月にオープンしたジーンズリペア専門店。長年の経験が裏打ちされた確かな仕事がウリで、細かいディテールは手縫いでゆっくりとリペア。裾上げにはアタリの出るユニオンスペシャルを使用する。「いつもお世話になっています。通称、京町堀のニールヤングです」(MONCHI)。

 

 

Denim Saloon デニムサルーン

大阪市西区京町堀1-13-22

Tel : 06-7494-9060

11:00~19:00 水曜休

denimsaloon.net

 


 

独自の世界観を発信する

エビノマ初のフラッグショップ

 

 

男女問わず、様々な人種が集まるなど、カルチャー発信基地の側面も併せ持つ<エビノマ>の旗艦店。人気の「酔CLASSIC」シリーズやアウトドアブランドをサンプリングしたロンTなどに加え、現在ブランド初となるドレスシャツも絶賛制作中。来シーズンからは、話題のシューズブランド<ブローム>の取り扱いもスタートする。

 

 

エビノマの「ビーン」ロンT ¥4800

エビノマの「ビーン」ロンT ¥4800

エビノマの「酔CLASSIC」キャップ各¥5400

エビノマの「酔CLASSIC」キャップ各¥5400

 

 

 E イー

大阪市西区京町堀1-13-23 岡崎ビル301

Tel : 06-6131-9466

Instagram : @ebinoma_brand

※営業日についてはInstagramで要確認

 


 

感性を研ぎ澄ましてくれるプロダクトが一堂に

 

 

1本の線でアイウエアを構成する新作モデル“his”と“eis”を今年春にリリースした<バディオプティカル>のフラッグシップストア。ロンドンを拠点とする出版社<Amc books>と<MACK>を中心とする洋書、じっと見入ってしまう鉱石も混在。「感性を研ぎ澄まされるものばかり。オーナー・池原さんのセンスの良さに脱帽です」(MONCHI)。

 

 

バディオプティカルのhis各¥29000

バディオプティカルのhis各¥29000

Stephen Gill『A SERIES OFDISAPROINTMENTS』¥4320

Stephen Gill『A SERIES OFDISAPROINTMENTS』¥4320

 

 

howse / BuddyOptical ハウス / バディオプティカル

大阪市西区京町堀1-13-24 2F

Tel : 06-6147-8834 

11:00~19:00(水〜16:00) 日曜、月曜休

www.howsebuddyoptical.com

 


 

ドライフラワーをカフェ併設で身近な存在に

 

 

「もっと植物を身近に感じて欲しい」との想いから、“ボタニカルスタンド”をコンセプトに掲げてカフェも併設。アナベル・ユーカリ・スターチスといった品種のドライフラワーに加え、コーヒーは5つの農園から仕入れたスペシャルティの豆を採用。ドライフラワーは1本から購入でき、お任せでアレンジメントにも対応してくれる。

 

 

コーヒー(ホンジュラスのラ・コルメナ農園)¥400(税込)

コーヒー(ホンジュラスのラ・コルメナ農園)¥400(税込)

 

 

yae ヤエ

大阪市西区京町堀1-9-10 リーガルスクエア京町堀1F

Tel : 06-6136-5575

11:00~19:00(土曜~18:00) 日曜、水曜休

 


 

新ブランドをフィーチャーする京町堀の人気セレクト

 

 

4周年記念のロゴを<エビノマ>のバンジーさんが手がけるなど、「何かと縁があるお店です」(MONCHI)という『レイコール』。オーナーの土岐さんが「今後のメインになりそう」と、この秋冬から始動した<イエスタデイトゥモロー>をプッシュ。’90sを今的に表現したコレクションは、アウターからシューズまで充実したラインナップで展開。

 

 

アスターフレックスのサイドゴアブーツ¥32000

アスターフレックスのサイドゴアブーツ¥32000

イエスタデイズトゥモローのパテットフライトジャケット¥36000

イエスタデイズトゥモローのパテットフライトジャケット¥36000

 

 

RayCoal レイコール

大阪市西区京町堀1-15-8 NICE京町堀ビル1F

Tel : 06-6147-8030

12:00~20:00 水曜休 

raycoal.jp

 

Facebook Twitter LINE
loading