思い立ったら吉日。関西ミュージアム案内<br>~国立民族学博物館(みんぱく)~

思い立ったら吉日。関西ミュージアム案内
~国立民族学博物館(みんぱく)~

2017.04.14 Fri category : HAVE FUN

 

明日何しよう?

 

突然の休日!
約束がない!
時間はある!

 

そんな日には、博物館や美術館という選択があるんです! 関西ではいろんな展覧会が行われていますが、ここでは「気が向いたときに訪れる、楽しめる」をモットーに

 

◉常設展(企画展や特別展ではなく、いつでも見ることができる展示)
◉魅惑のミュージアムショップやカフェ

 

をピックアップしながら、その魅力をレポート。大小さまざまなミュージアムを毎回ひとつずつご紹介していきます。

 

 

 

まずはじめは、日本が誇る世界の民族学の研究拠点のこちら。

 

 

文化人類学、民族学の研究機関であり、世界の文化を展示する国立民族学博物館、愛称「みんぱく」。

 

摩訶不思議な古今の展示が地域ごとに分かれて並びます。

 

 

みんぱくの魅力は、アート以上に斬新な、「実用品」のルックス。その色、カタチ、顔…見当もつかない方向から飛び出す世界の人々のユニークな発想。リアルな生活に密着した展示だからこそ、異様な力強さがあります。

 

うれしいことに、ここは博物館ではちょっと珍しく、本館展示場は、すべて写真撮影OK(もちろん、通常は個人使用に限ります)。展示のほんの一部分を写真にてご紹介します。

 

 

 

ファッション編

※かく写真、クリックで拡大表示

 

夢のブティックに足を踏み入れたような、圧倒的な世界。

 

現在進行形のアフリカンの着こなしから、中国少数民族の衣装まで、見たことのない色やデザインは、刺激的なアイデアソースにも。インディアンジュエリーのコーナーは、制作行程の映像を見ることもできます。さらには、全弦楽器ファンが萌えるであろう、音楽エリアのギター展示も…。

 

 

 

 

宗教編

 

なんともキュートなお墓や、まるでアートな祭壇など同じ宗教でも祭壇やモチーフを見比べると、それぞれの地域で異なる観点が楽しめます。

 

 

 

気になるアイツ編

 

 

どこにいても、なんだか視線を感じる…そう、振り向けばアイツがいるのです。

 

しかも、これらはギャグでもアートでもなく、大まじめにつくられそして実用されてきたというところがまたおもしろい。

 

 

 

 

ニッポン編

 

 

日本はこんなにも文化が豊かなんだと再発見できる圧巻の展示。

 

祭りだけで比較してもとっても多彩! ついつい自分の地元の祭りを思い返したりも…。

 

 

 

個人的には、みんぱくは、仮面も見どころです。

 

 

その地域ごとに文化や風習があるので、仮面のモチーフや表情も多種多様。ふたりとして同じ人がいないみたいに、仮面は妙にリアリティがあるんです。

 

みんぱくに並ぶこれらはギャグでもアートでもなく、大まじめにつくられ、そして実用されてきたというところがおもしろい!

 

 

さらに、

楽しいのは展示だけにとどまりません。

 

 

 

ペルーの木の実キーホルダー、コンゴのカゴにモンゴルの楽器、馬頭琴まで…。旅先のお土産ショップ感覚で爆買いしてしまう可能性大です。

 

 

 

 

 

ブラジル風ピラルクのココナッツ煮込み¥981、世界ドリップ紀行¥864など

 

 

 

また、カフェレストランでは、エスニックランチメニューが充実。食で世界文化を楽しむのもいいですね。

 

 

 

この日は特別展限定のメニューということで、チキンムアンバ(アフリカ風シチュー)¥1350を。モロヘイヤスープと、ビーズのサラダ付き。ベトナムコーヒー¥460も、おすすめです。

 

 

 

そして、今年は開館40周年ということで、世界の、古今のビーズを集めた特別展が開催中。
(4月からは中学生以下が常設展、特別展とも観覧無料に!)

 

 

 

手芸好きが萌えるような珍しいビーズから、現代じゃ考えもつかないようなアンナモノまで…! さすがはみんぱく、スケールがハンパないので、ぜひこちらもチェックを。

 

Report / wj

 

 

【特別展】
開館40周年記念特別展
ビーズ -つなぐ・かざる・みせる

6月6日(火)まで、特別展示館にて開催

 

 

国立民族学博物館
コクリツミンゾクガクハクブツカン
吹田市千里万博公園10-1
Tel:06-6876-2151
OPEN 10:00~17:00(入館は16:30まで)
CLOSE 水曜日
観覧料 一般¥420、高校・大学生¥250、中学生以下無料
www.minpaku.ac.jp

 

 

関連記事

国立民族学博物館の「月刊みんぱく」

>>わがままMIYAGE

 

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > HAVE FUN > 楽しむ・体験 > 思い立ったら吉日。関西ミュージアム案内
~国立民族学博物館(みんぱく)~