カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2017.02.05 Sun

#Kyoto

【長編読物1/2】<br>京都「岡崎」をゆる〜く歩いてみた。

【長編読物1/2】
京都「岡崎」をゆる〜く歩いてみた。

Facebook Twitter LINE

 

平安神宮を筆頭に、美術館、動物園、コンサートホールを擁する左京区岡崎は京都を代表する文化ゾーン。近年、観光戦略でリニューアルが目覚ましいこのエリアを、かつて京都に暮らしたライターがゆるーく歩いて気になるスポットやお店を案内します。

 

 


 

 

 文化庁の京都移転と東京オリンピックを控え、京都が発展している。中でも岡崎の進化は目覚ましい。平安神宮へと続く神宮道(冷泉通と二乗通の間)の公園は樹木が間引かれ、東山を望めるようになり、広大な歩行者専用スペースへ変化した。素晴らしい解放感で、昔を知る者にとって(京都会館の周りは本当に寂しかったのだ)再整備は京都市の本気が伺え、感動を覚える。

 

 岡崎プロムナードと名付けられた新ゾーン、中心となるのがロームシアターだ。1960年の開館以来、地元民から親しまれてきた京都会館の外観、ディティールを残して大改装。3つの新ホールに加え、パークプラザが併設され観光客や住民の憩いの場となった。

 

 

 

人生を愉しむ本屋、岡崎にあり。
京都岡崎 蔦屋書店

CZ_1612_OKAZAKI_TSUTAYA_04

 

刺繍ブランド京東都(きょうとうと)の寿司和片¥380~ 

刺繍ブランド京東都(きょうとうと)の寿司和片¥380~ 

ご利益あるかも? 平岩の仏像メモ¥300

ご利益あるかも? 平岩の仏像メモ¥300

 

京都岡崎 蔦屋書店

京都市左京区岡崎最勝寺町13

ロームシアター京都 パークプラザ1階

Tel:075-754-0008

8:00~22:00 無休

http://real.tsite.jp/kyoto-okazaki

 

 

 

 二条通に面した1Fには【京都岡崎 蔦屋書店】が出店。国内外の人に京都伝統工芸や日本の美を伝える“ON JAPAN”のコーナーを始め、文芸、アート、日本の暮らしとジャンル別に書籍を提案。各分野に専門コンシェルジュが在籍し、本の相談に乗ってくれるサービスも嬉しい。ホールや美術館に近いということで、催しに応じた関連書籍も取り扱い、アートを見学した後に、更に知識を広げることができそうだ。日本の暮らしの本棚はマニアック過ぎず、格調の高さを保ちながらも好奇心を満たしてくれるセレクトに好感を持った。きっと本好きの人も満足できるはず。

 

 店内の階段で2Fへ上がると【京都モダンテラス】がお出迎え。京野菜・肉・海鮮と旬の素材を取り入れた料理を提供するカフェ&レストランで、広い窓から降り注ぐ陽光が心地よい。亀甲紋をあしらった高い天井の下で頂く食事は、京都の思い出作りにピッタリだろう。  

 

 

 

京の旬を堪能するカフェ&レストラン。

京都モダンテラス

CZ_1612_OKAZAKI_MODERN_01

 

東山の紅葉を臨むテラス席

東山の紅葉を臨むテラス席

8~11時に提供。モダンテラスの朝御膳¥1000

8~11時に提供。モダンテラスの朝御膳¥1000

 

京都モダンテラス

京都市左京区岡崎最勝寺町13

ロームシアター京都 パークプラザ2階

Tel:075-754-0234

8:00~23:00 無休 

www.kyotomodernterrace.com

 

 

 

 岡崎は京都市美術館や府立図書館といった文化施設を有すカルチャーエリアだが、アート&本好きにオススメなのが、神宮通を下り路地を東に入った住宅街にある【山崎書店】だ。美術専門の古書店で、江戸時代の希少本から現代の写真集、錦絵と呼ばれる版画などを扱う。と、ここまでは普通の古書店だが、なんと山崎書店には2Fと地下に展示スペースがあり定期的に作品展を開催しているのだ。

 

 

 

アート展を開催する美術書専門店。
山崎書店

CZ_1612_OKAZAKI_YAMAZAKI_01

 

京都の画家伊藤若冲が描いた信行寺の天井画集。若冲画譜¥360000 

京都の画家伊藤若冲が描いた信行寺の天井画集。若冲画譜¥360000 

錦絵は約¥10000~¥30000。こちらは幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、豊原國周の作品

錦絵は約¥10000~¥30000。こちらは幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師、豊原國周の作品

フィンランドの作家トゥーラ・モイラネン氏の絵本「ナマケモノとモノノケ」¥35000

フィンランドの作家トゥーラ・モイラネン氏の絵本「ナマケモノとモノノケ」¥35000

 

山崎書店

京都市左京区岡崎円勝寺町91-18

Tel:075-762-0249

10:00~18:00 月曜休

www.artbooks.jp

 

 

 

 11月22日からは“本とは何か?”をテーマにしたブックアート展が予定されており、足を運ぶとインスピレーションが得られそう。店先には安価なコーナーもあり、最近ハマっている小林秀雄の本を見つけたので購入。それを読むため、良い場所がないかと思って発見したのが、『山崎書店』の斜め向かいにある【好日居(こうじつきょ)だった。本格中国茶を頂ける茶房だが、お茶の美味しさもさることながら、一級建築士でもあるオーナーの横山さんが一年半かけて改装した建物、それ自体が作品のようで、時がゆるやかに流れて行く。中国茶は何煎も楽しめるので読書にも最適だった。

 

 

 

中国茶と共に味わう豊かな時間。

茶房 好日居

CZ_1612_OKAZAKI_KOUJITSUKYO_01

云南母樹普洱熟茶を茶壺で頂く¥1500

 

 

 

茶房 好日居

京都市左京区岡崎円勝寺町91 

Tel:075-761-5511 

13:00~18:00 

喫茶営業日はwebで確認を。

http://kojitsu-kyo.cocolog-nifty.com

 

 

 

  「すみれの花を黙って1分間眺めてみよう。諸君はどれほどたくさんのものが見えてくるかに驚くでしょう」小林秀雄の本に書かれた言葉が印象に残り、二条通りを歩いていると、花屋さんを見つけた……(続)

 

 

お花屋さん、カフェ、動物園など

さらに岡崎をゆる〜く歩く一日は続きます

 

»» 続きを読む

 

Facebook Twitter LINE
loading