僕らの街の歩き方《彦根》<br>MY LOCAL NAVI

僕らの街の歩き方《彦根》
MY LOCAL NAVI

2016.09.18 Sun category : HAVE FUN

 

ひこにゃんの故郷は

関西有数の観光地でした。

 

大阪駅からJRで約1時間。琵琶湖の東に位置し、国宝・彦根城を擁する彦根は、歴史と自然に育まれた観光都市。江戸時代の城下町が残る「夢屋橋商店街」や、大正ロマンをテーマにした「四番町スクエア」、欧風建築が美しい「登り町グリーン通り」など、彦根駅から芹川まで約一キロ四方のエリアには新旧11に及ぶ商店街が連立。芹川の西には伝統工芸品の彦根仏壇店が集まる「七曲り通り」もあり、ぶらりと歩くだけでも楽しい。

 

松原水泳場では毎年7月に「鳥人間コンテスト」が開催され、マスコットキャラクターひこにゃんは全国的な人気を博すなど、滋賀県の北部の中心として年間約80万人の観光客が訪れる。近年は東京や大阪からUターンしてショップを始める人も多いそう。今回はそんな彦根の注目スポットを、地元の有力ショッップ『ザ グッド ラック ストア』の中山さんにご紹介頂きました。神戸・京都・大阪から出掛けて日帰りで回れる彦根の魅力を探訪します。

 

 

 

 

彦根港 ▶︎map A

local_hikoneport

 

琵琶湖の神秘・竹生島への 船が出航

「港からは竹生島に行ける遊覧船が出ています。釣りをしたり砂浜で流木を拾ったり、ぼおっと夕日を見るだけでも楽しめると思います」と中山さん。少し北へ歩くと鳥人間コンテストが開催される松原水泳場があり、琵琶湖の雄大さを体感できる。彦根港~竹生島は往復で大人¥3500、9:45~14:00まで一日4回運行している。琵琶湖の神秘を味わうべし。

 

 

 

local_moku_01

五穀米に一汁三菜+デザートで栄養バランス&味も満点の

平日限定御飯セット¥900

 

神社の中にある不思議なカフェ

2004年、護国神社境内の休憩所を改装して作られたカフェ&ご飯屋さん。店名の『朴』は素朴から取られたそう。「その名の通りほっこりできますね。周りを木に囲まれ爽やかで気持ちのいい時間が過ごせます。夏はかき氷も人気ですよ」。ランチをはじめ彦根城~城下町散策の休憩に立ち寄る人も多い。テーブル席と座敷があり一人でも家族連れにもおすすめ

 

 

local_moku_02

モク ▶︎map B

彦根市尾末町1-59 護国神社内

tel : 0749-22-0839 

11:00~17:00(変更あり) 木曜休+不定休

 

 

 

COMMUNE

local_commune_01

定番のスタンダードシャツ。 使うほど体に馴染み、 季節を問わず一年を通じて着れる ¥17000

 

心ときめく シンプルで美しいシャツ

大正風の建物に統一された四番町スクエアで一際存在感を放つハンドメイドシャツブランド<コミューンワークス>のアトリエ兼ショップ。白を基調とした店内にはミシンや作業台が置かれ製作過程を見ることができる。「全国で展示を重ねられていて、丁寧でいいもの作られています」と中山さんも注目。県外から訪れるお客さんも多い彦根を代表する名店です。

 

 

local_commune_02

コミューン ▶︎map C

彦根市本町1-11-9

tel : 0749-26-2027

11:00~19:00 水曜木曜休+不定休

commune-works.tumblr.com

 

 

 

Threee

local_threee_01

(左より) イタリアのカミッロ・ドナーティ「ロッソ・デッラ・バンディータ」¥1800、 オーストラリアのヤウマ「無理しないで」¥3600、 フランスのローラン・バーンワルト「ピノックス」¥2900

 

世界各国から約300種類のワインを揃える

彦根仏壇の専門店が軒を連れる七曲りに2013年秋にオープンした隠れ家的ワインショップ。「薄暗い店内もセンスがよくて好みです」と中山さん。築170年の綿問屋の蔵をリノベーションした店内は天井が高く、長い時間をかけ熟成されていくワインを味わうのにピッタリの空間。立ち飲みもOKで、料理や好みの味を相談すると最適なものをセレクトしてくれる。

 

 

local_b

スリー ▶︎map D

彦根市大橋町18

14:00~20:00 不定休(Facebookにて確認)

www.facebook.com/Threee.3

 

 

 

The Good Luck Store

local_a

 

生活に彩どりを与える

日々の道具たち

彦根城を望む『中央町商店街』北端にある生活道具のお店。元々、薬局だった店内には、作家ものの陶器や竹籠、手織りの生地や木工の花器など、懐かしくも新しい手仕事の温かみを感じるアイテムが揃う。ガラス戸から差し込む優しい光が心地よく、つい長居してしまいそう。定期的に作家さんの個展が開催され、レイアウトも変わるのでマメに足を運びたい。

 

 

local_tgls_01
大阪堺の作陶家、八田亨氏のごはん茶碗。 三島(黒)しのぎ粉引き(白)共に¥3300

 

 

local_tgls_02
ザ グッド ラック ストア ▶︎map E

彦根市中央町2-30

tel : 0749-20-9529

11:00~19:00 水曜木曜休

thegoodluckstore-shop.com

 

 

 

local_g

 

【関連記事】

僕らの街の歩き方  MY LOCAL NAVI

#1《北山》 #2《豊中》 

#3《姫路》 #4《富田林》

 


 

RECOMMENDER

ザ グッドラック ストア  店主 中山通正さん

滋賀県大津市出身の37歳。今回は図らずも同世代のショップ紹介となりました。最近のブームは、日本国内の小旅行とメキシコ料理。スパイス探しにもハマっているそう。

 

▶︎ The Good Luck storeの関連記事

 

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > HAVE FUN > 街歩き > 僕らの街の歩き方《彦根》
MY LOCAL NAVI