カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2018.06.02 Sat

#Osaka / Kyoto

雨の日に聴くジャジーミュージックって、やっぱり最高【6月のライブスケジュール】

雨の日に聴くジャジーミュージックって、やっぱり最高
【6月のライブスケジュール】

#カルチャー#クラブ#ニュース

Facebook Twitter LINE

 

少しずつジメジメしてきて、外に出るのも億劫になっちゃう梅雨の季節がもうすぐ。それでも街には楽しいイベントが待ってるんだから、出かけないなんてもったいない! ってことで、雨のムードに合うジャズを聴きに行く、なんてどうだろう? ジャズってちょっと難しそう…なんてイメージをお持ちの方に、今回はジャズを基調としたソングライティングに定評のあるアーティストたちのライブをご紹介しよう。

 

 

6/16

EPISTROPH NIGHT KYOTO

 

世界的なジャズアーティストであるホセ・ジェイムズのリミックスも手がけ、エクスペリメンタル・ソウル・バンドを標榜するWONKを擁するレーベル<epistroph>がレーベルショーケースツアーを敢行する。昨年の<GEMINI TOUR 2017>でも、耳の肥えた観客たちが集まるビルボードライブ大阪をソールドアウトさせたWONKは、日本音楽シーンの最注目バンドといっても過言じゃない。「第5のWONK」と称されるマルチプレイヤー・MELRAWやアヴァンギャルドなトラックがクセになるPhennel Kolianderらも参戦となれば、エポックメイキングな夜になること必至だ。

 

 

Phennel Koliander

Phennel Koliander

MELRAW

MELRAW

WONK

WONK

EPISTROPH NIGHT KYOTO
6/16(土)at Metro
Tel:075-752-4765
OPEN / START 23:00 前 ¥3000 / 当 ¥3500 ※ドリンク代別

 

LIVE:WONK / MELRAW / Sweet William / Phennel Koliander × Daichi Yamamoto / Ballhead / dhrma / Kosuke Harada × Matzuda Hiromu / Masaki Tamura(Do it Jazz)

 


 

 

6/23

SANABAGUN.

 

アシッドジャズ調のバンドサウンドに乗っかるコミカルなラップが小気味良いヒップホップグループ・SANABAGUN.のワンマンライブが決定! 今年4月に出したばかりのニューアルバム「OCTAVE」は、本人たちも「本気の悪ふざけ」と自負する通り、これまでよりも一層グルーヴ感の増した力強い作品となっている。東京ストリートをレペゼンする彼らのライブは、尖ったキャラクター性満載の“平成生まれ”ならではのユニークさを体感できるものに。熱くて濃密なときを過ごすにはもってこいだ。

 

 
TOUR OCTAVE

6/23(土)at UMEDA CLUB QUATTRO
Tel:06-6882-1224(GREENS)
OPEN 18:15 / START 19:00 前 ¥3780 ※ドリンク代別

LIVE:SANABAGUN.

 

 

6/25
KID FRESINO

NYでの活動を経て、現在は日本を拠点に新しい試みに挑戦し続ける期待のMC・KID FRESINOが大阪に。昨年リリースの「Salve」から、ペトロールズのベーシスト・三浦淳吾ら参加のバンドセットを起用し、ジャジーかつシティポップ感漂うビートに着手。YouTube上に公開されているニューソング『Coincidence』でも斬新なアプローチを披露し、コアなヘッズを驚かせた。ハイセンスなトラックメイク&ラップが光るJJJ、独特なフロウで名古屋を沸かせるラッパー・Campanella、ビート・ミュージック界のプリンスSeihoら盟友とともに、この日も最高の一夜を演出してくれるはず。

 

 

 

 

KID FRESINO BAND SET LIVE 2018
6/25(月)at FanJ Twice
Tel:06-6535-5569(SMASH WEST)
OPEN / START 19:00 前 ¥3500 ※ドリンク代別

LIVE:KID FRESINO
GUEST:JJJ / Campanella
GUEST DJ:Seiho

 

Facebook Twitter LINE
loading