書に出会うため、町に出たくなる。<br>おいしいコーヒーも飲める、南船場のステキ古書店。

書に出会うため、町に出たくなる。
おいしいコーヒーも飲める、南船場のステキ古書店。

2017.04.10 Mon category : FOR LIFE

 

『書を捨てよ、町に出よう』とは、寺山修司の有名な著作のひとつだけど、「書に出会うため、町に出たくなる」、そんな本屋が南船場にある。オープンは2000年。2008年に同ビル1Fへと移転リニューアルしたことを機に、「気軽に入ってもらえるように」と、コーヒースタンドが併設された。

 

 

 

 

 

本好きならば誰もが憧れる天井まで届く本棚には、デザイン、建築関連の書籍を中心とした洋書、写真集、日本の古い雑誌など、個性豊かな本たちがぎっしり。収まりきらないものたちは無造作に、それでいて美しく平積みされていて、気になる本を一冊一冊ていねいに手にとって頁を繰る様は、レコードショップや古着屋で運命の一枚、一着を探すときの感覚にも似ている。

 

 

 

 

併設されるコーヒースタンド。価格は、テイクアウト¥250〜、カプチーノ¥280

併設されるコーヒースタンド。価格は、テイクアウト¥250〜、カプチーノ¥280

また店内では、ソックスや小物などのアイテムも販売されている

また店内では、ソックスや小物などのアイテムも販売されている

 

 

 

「近所のお店の人がコーヒーを飲みに来てくれたり、最近は外国のお客さんも多いですね。スタイリストさんやブロガーの人たちが撮影の小道具やインテリアとしての本を探しに来てくれたりとか、雑貨好きの人とか、普段はあまり古本屋に行かないような人たちでも入りやすくて楽しめるセレクトなんだと思います」と、店主の綿瀬さん。

 

 

 

 

 

 

ほんの一瞬、日本であることを忘れてしまうようなトリップ感満載の街角。わざわざ足を運びたいお店であることはもちろんながら、たまたま通りかかったときでも必ず足をとめてみたくなる、不思議な魅力と情緒に満ちている。

 

 

 


colombo cornershop
大阪市中央区南久宝寺町4-3-9 丸盛ビル1F
Tel:06-6241-0903
月~土12:00~20:00 日祝13:00~19:00
水曜定休
www.colombo.jp

 

Photo / Makiko Takemura

Text / Shiho Fujiwara

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > FOR LIFE > ライフスタイル > 書に出会うため、町に出たくなる。
おいしいコーヒーも飲める、南船場のステキ古書店。