老舗和菓子LOVE!<br>大阪クラシックなお土産#4 創業1532年<br>『本家小嶋』の芥子餅

老舗和菓子LOVE!
大阪クラシックなお土産#4 創業1532年
『本家小嶋』の芥子餅

2017.01.06 Fri category : FOR LIFE

 

千利休も愛した

堺名産を470年以上継ぐ元祖

 

室町時代の天文元(1532)年に創業。阪堺線の宿院停留場すぐ、千利休の屋敷跡近くの住宅街にひっそり佇む小さな老舗だ。現当主で20代目。創業時から続く芥子(けし)餅は、南蛮貿易によってインドから日本に入ってきた芥子の実が、古くから異国との交易が盛んだった堺にも伝わり、ここから生みだされた。利休が好んだことで広まり、名菓と称賛されるようになったという。

 

丹念に練り上げたこし餡を、きめ細やかな餅皮で包み、炒った上質な芥子の実をまぶしてある。穏やかな利休居士の描かれた包み紙は、夏目漱石『吾輩は猫である』の挿絵でも有名な洋画家・中村不折によるもの。さらに掛け紙には、堺の浜の美しい風景画が。小ぶりの餅には極小の実がびっしり。芥子の香ばしさと舌触りが斬新で、ふわりと甘いこし餡と餅が絡み合う美味に心底感激する。

 

作り方はまさに伝統の秘法だそうだが、全工程が手づくりで添加物は不使用。「素材を絶対的に生かす」ことが根本にあるのは間違いない。

 

 

 

om_classic_kojima_z

小さな看板と素朴なのれんが掛かる、うっかり見落としそうな質素な店構え。中も店先は小さな陳列ケースがある程度で、奥に作業場が続く

  

 

 

om_kojima_sub_02

芥子餅は1個¥135。贈答用の紙箱は6個入り¥960から。これまた抜群に美味なニッキ1個¥135とも自由に組み合わせられる。そして紙袋には、しっかりと利休さんの絵が…

 

 

 

om_kojima_sub_01 om_kojima_main_01

本家小嶋

堺市堺区大町西1-2-21

Tel:072-232-1876

9:00〜17:00(なくなり次第、閉店)

月曜休

 

 

【関連記事】

om_deiribashi_-main_02

創業1930年『出入橋きんつば屋』のきんつば

 

om_takaoka_-main_01

創業1624年『御菓子司 髙岡福信』の酒饅頭

 

om_kihachi_main_02

創業1948年『喜八洲総本舗』のみたらし団子

 

om_hayashi_main_01

創業1933年『はやし製菓本舗』の浪花ことばせんべい

 

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > FOR LIFE > おいしい > 老舗和菓子LOVE!
大阪クラシックなお土産#4 創業1532年
『本家小嶋』の芥子餅