カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2019.07.14 Sun

#Osaka

これぞ大正の大正解!  日がな一日、のんびり楽しい街歩き【カレー編】

これぞ大正の大正解! 日がな一日、のんびり楽しい街歩き【カレー編】

#カレー#グルメ#大正#街歩き

Facebook Twitter LINE

最近、盛り上がりつつある大正の素敵スポットを、テーマ別にご紹介するこのシリーズ。第2回目は【カレー編】です。前回、大正といえば、沖縄料理の街…ってなイメージがあるのでは?と投げかけましたが、近頃はカレーの街、と言うちまってもいいぐらい、バラエティ豊かな味わいが楽しめるようになってます。ただし、どこも中毒性が高い点だけ要注意です!

 


 

 

インドやネパールで習いまくった、本場仕込みの人柄カレー

Yatara spice

 

 

カレー好きの人なら店名だけでピンとくるはず。2016年6月の開業時には、あの“間借りカレー”の名店がついに腰を据えたか!と、界わいをザワつかせた『ヤタラスパイス』。『究極のカレーAWARD』なる企画の関西版では、2016年に新店部門準グランプリ、2017年に創作スパイス部門グランプリを獲得した人気店だ。

 

7年ほど前、名店『ラクシュミ』のカレーにハマりすぎて週5で通っていた渡瀬大さんが、思い余って独学インザハウスでつくりだし、納得がいかんからと単身インドやらネパールやらへ凸。持ち前の社交性でめっこり3カ月間、現地の料理人たちに習いまくった成果が、今のバチボコうまい本場仕込みのカレーにつながった。

 

アメリカ村、上本町での間借りを経て、大正に根を下ろしたのは、気の合う『井尻珈琲焙煎所』が先に開業していたから。ありがとう井尻さん。なお、武者修業後も年イチで現地へ赴き、じゃんじゃんメリメリ進化中。行くごとに知り合いが増え、「次いつ来んねん」的圧をかけられつつ教えてもらってるんだそう。すげー才能。

 

「大正駅から小走り1分。急階段の上のカレー屋」という広告に偽りナシな急階段の上にある。小走り1分かどうかは現場でご確認あれ

「大正駅から小走り1分。急階段の上のカレー屋」という広告に偽りナシな急階段の上にある。小走り1分かどうかは現場でご確認あれ

全11席の少数精鋭型店内。今年5月、3Fにできた古着屋『カルチャーショップ』へ行くには、ここを突っ切らねばならない

全11席の少数精鋭型店内。今年5月、3Fにできた古着屋『カルチャーショップ』へ行くには、ここを突っ切らねばならない

自称“弟キャラ”の店主・ダイさん。人懐っこい笑顔を見ると、ろくに言葉も通じないなか海外で体当たり修業ができたのもうなずける

自称“弟キャラ”の店主・ダイさん。人懐っこい笑顔を見ると、ろくに言葉も通じないなか海外で体当たり修業ができたのもうなずける

インドチックな品もなんやかんやあるが、もともとインドに興味があったわけでなく、行ってみてから「面白ぇ!」となったそう

インドチックな品もなんやかんやあるが、もともとインドに興味があったわけでなく、行ってみてから「面白ぇ!」となったそう

 

現在は3種のインドカレーから選べるプレートと、ネパールの定食・ダルバートを週替わりで提供。カレーは日本人向けにちょっといじったりしてるけど、副菜は基本的に向こうで教わったレシピ通りだそう。取材日のカレーは、ポークマサラ、鶏せせりマサラ、ココナッツ鰤の3種。各プレートに豆カリー、アチャール、野菜のおかず3品、パパドンがついて1種¥900~、2種¥1200~だった。ナイスお値打ち。

 

ちなみに何がビックリって、この店名。100人いれば100人ともが、やたらスパイスを使ってるカレーなんだろうとお思いだろうが、「日本語3文字で覚えやすい単語に」という思いつきで命名されただけで意味はないそうな。なんならスパイスはやたらと使わないようにしてるんだとか。ぎゃふん。しかし少量で効果的にキメてくるあたりさすがっす。ともあれヤタラにウマイことは間違いなし。

 

 

ヤタラスパイス

大阪市大正区三軒家東1-2-5-2F

Tel:06-7502-5990

11:30~L.O.20:00

不定休

Instagram : @yatara_spice

 

 


 

 

 

優しいネパール人夫婦が、気前のいいナンカレーをお届け

サレガマ

 

 

大正駅から南へ徒歩2~3分。ディジュリドゥ専門店『アバロンスパイラル』のオーナーがお店の下、古民家の1Fにオープンさせたネパール&インド料理店。『サレガマ』は、インド音楽の “ドレミファ” にあたる名称。以前は同じ屋号でカフェだったところを、2011年10月から現在の形態に。関西大学前で長年、シェフを務めてきたネパール人のヘムさんが、奥さんのウマさんと一緒に切り盛りしている。

 

まずオススメなのが、リーズナブルで満足度爆高なインドカレーランチ¥700。チキンカレーか日替わりカレーかを選べ、甘くておいしいプレーンナンのおかわりが1枚無料なのもうれしい。炭火焼きチキン2種を加えたミックスグリルランチ¥900など、プレーンナンのついたメニューは同様におかわりできる。女子に大人気なのがチーズナンランチ¥1050。ボリュームたっぷりのナンの中からチーズがとろ~りと出てきてたまらない。

 

2F建ての古民家をリサイクル品でリフォーム

2F建ての古民家をリサイクル品でリフォーム

1枚でも満腹になるボリュームたっぷりのナン。<br />
パリッと感もモチッと感も楽しめ、噛むほどに甘い

1枚でも満腹になるボリュームたっぷりのナン。
パリッと感もモチッと感も楽しめ、噛むほどに甘い

 

夜にはサモサやモモ(餃子のようなネパール料理)など、お酒が進む単品メニューもいっぱい。人気の品を集めたシェフおまかせセット¥1400~も飲み会にぴったりだ。ちなみに夜は、超イケメンの息子さんが手伝いにくることもあるのだとか。

 

店内のテーマはリサイクル。流木や廃材を使ってリフォームされていて、ほっこり落ち着く居心地のよさ。いつもニコニコ、ご夫婦の笑顔に癒されることも間違いなし!

 

 

サレガマ

大阪市大正区三軒家東1-20-19

Tel:06-6555-0239

11:30~L.O.14:30 / 17:00~L.O.22:00

火曜休

saregama.owst.jp

 

 


 

大阪移住を機に、札幌のパキスタンカリーを独自に伝承

タカブルカリー

 


 
2017年、大阪へ移住することになった、北海道出身の松浦昂信さん。家探し中に立ち寄った『井尻珈琲焙煎所』で紹介してもらったのが、不動産の仕事もしている『ホステルナガヤドオオサカ』のオーナーだった。無事に良い物件が見つかり、大正暮らしを始めるも、前々から「やってみたい」と感じていた自身のカレー熱は増すばかり。独学で極めた無水チキンカレーを『ナガヤド~』のイベントで披露してみたところ、予想以上の大好評! 2018年11月より間借りで営業することになったという。

 

『ホステルナガヤドオオサカ』のバースペースに間借り

『ホステルナガヤドオオサカ』のバースペースに間借り

何気に家庭用キッチンでつくれるカレーだそうで、機動力が高い

何気に家庭用キッチンでつくれるカレーだそうで、機動力が高い

“味変”に最適な唐辛子ニンニク酢。<br />
コク深いカレーにめちゃくちゃ合って二度おいしい

“味変”に最適な唐辛子ニンニク酢。
コク深いカレーにめちゃくちゃ合って二度おいしい

普段は梅田のセレクトショップで働くタカノブさん。

普段は梅田のセレクトショップで働くタカノブさん。

 

ルーツは札幌で食べた『カラバト・カリー』のパキスタンカリー。その味に惚れ込んで試行錯誤を繰り返し、大阪で独自の進化を遂げさせた。水を全く使わず仕上げられたカレーの旨味凝縮度はハンパなく、ホロホロの繊維状になった鶏肉がグイグイと口内を魅了。オイリーながらもしつこさゼロで、バスマティライスとの相性もベストカップル賞だ。副菜とぐちゃぐちゃに混ぜながら食べるのもまた一興。…などと言うてる間もまた食べたくなってるから、不定期営業な間借り形態にまんまと翻弄されている。本名(昂信)に由来する店名通り、食すと激烈に昂ぶるカレーなのだ。

 

 

タカブルカリー

大阪市大正区三軒家西2-2-15

Tel:未設

12:00~14:30 / 18:00~21:30

不定期営業 ※SNSにて告知

Instagram : @takabull_curry

 


 

次回は大正の大正解!【ショッピング編】

お楽しみに!!

 

Facebook Twitter LINE
loading