カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2018.11.04 Sun

#Osaka

流行り廃りのないデザインが好印象。ロフトマンコープ梅田のアウター4選!!

流行り廃りのないデザインが好印象。
ロフトマンコープ梅田のアウター4選!!

#2018AW#アウター#グッドアイテム#梅田

Facebook Twitter LINE

2018AWの注目アウターは!?

RECOMMENDED by Loftman COOP UMEDA

 

<パタゴニア>などのアウトドアブランドから国内外のファッションブランドまで、幅広いラインナップが魅力の『ロフトマンコープ梅田』。ヴィンテージをルーツにしたアイテムなど、流行り廃りのない上質なアウターは必見です。

 

Photo / Shimpei Hanawa

 

RECOMMEND OUTER_01

<seven by seven>のPATCHWORK JACKET

 

 

ヴィンテージのパッチワークが圧巻

 

ヴィンテージの古生地をランダムに配置したパッチワークジャケット。肩周りや身幅、着丈に余白を持たせることで、ハーフコートのような着こなしも可能。抜け感を感じられるアンニュイなバランスなど、同ブランドの世界観が存分に発揮された一着です。¥88,000+tax

 

 

 

staff voice

「ジャケットとしてだけでなく、ハーフコートとしても着られるのがポイントです。シーズン通して主役として活躍してくれますよ」

 

 

 

 


 

 

RECOMMEND OUTER_02

<patagonia>のGradeⅦ Parka

 

 

極寒の極地でも対応するハイスペックモデル

 

近年の<パタゴニア>を代表するハイスペックダウンJKT。長年に渡って、アンバサダーと共にデザインとテストを繰り返され、今の形に。細やかなディテールや機能はもちろん、この上ないボリューム感がファッション的にも気分。¥120,000+tax

 

 

staff voice

「極寒の極地に向けたモデルだけあって、暖かさは折り紙つき。日本ならインナーにはTシャツでイケます」

 

 


 

 

RECOMMEND OUTER_03

<evan kinori>のZIP JACKET

 

 

太畝コーデュロイを使った万能JKT

サンフランシスコ発の新進気鋭ブランド<エヴァンキノリ>の新作モデル。風合い豊かなオーガニックコットンコーデュロイ生地を採用したショート丈のジップブルゾン。フロント左右に配置されたフラップ付きポケットは左右からアクセス可能でハンドウォーマーポケットとして使えます。¥68,000+tax

 

 

stuff voice

「ボックスシルエットなので、とても合わせやすいです。無骨な生地やデザインですが、着ると意外に上品にキマります」

 

 

 

 

 


 

 

RECOMMEND OUTER_04

<By Product>のVentile Down Vest

 


 

これぞ、まさにネクストヴィンテージ!

 

青森の名店『Slowpoke』のオーナーが手がける<バイ プロダクト>より、<クレセントダウンワークス>の別注ダウンベストが登場。絶妙な配色以外にも、裏地にはベンタイルを採用するなど、こだわり抜かれた一着に仕上がっています。¥79,800+tax

 

stuff voice

「程よくスッキリしたボリューム・サイズ感なので、アウターだけでなく、インナーとしてもオススメです」

 

 

 

 


 

●お問い合わせ先

LOFTMAN COOP UMEDA
ロフトマンコープ梅田

MAIL : umeda@loftman.co.jp

Instagram : @loftmancompany

Facebook Twitter LINE
loading