カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2018.09.17 Mon

#Other

全国へ拡大する香川発のファクトリーブランドを探るMATERIAL MANIA 〜CURLY&Co.〜

全国へ拡大する香川発のファクトリーブランドを探る
MATERIAL MANIA 〜CURLY&Co.〜

#工場見学#香川

Facebook Twitter LINE

Tシャツやスウェットはもちろん、ジャケット、コート、ダウンベストと様々なアイテムをカットソー素材から作り上げる<CURLY&Co.(カーリーアンドコー)>。香川県にある川北縫製のファクトリーブランドとして誕生し、2013年には南青山にヘッドストアThe Weft(ザ・ウェフト)をオープンするなど、その人気は全国へ拡大中だ。愛用者に理由を訊くと、身体を美しく見せるシルエット、着心地の良さ、毎日使ってもヘタレない耐久性など、リアルクローズの条件を高い水準で満たしていると答えが返ってくる。<CURLY&Co.>が優れたプロダクトを生む秘密は、デザイン・仕様・パターン作成から、裁断・縫製・仕上げ・出荷に至るまで、可能な限り工程を自社で行う一貫した製造体制と、日本各地で作られた高品質なカットソー素材にあるようだ。今回は、デザイナーの伊藤裕之さんが「服作りでデザインや縫製と同じくらい重要」(以下同)と言う生地の工場へ伺った。

 

Photo / Shimpei Hanawa

Text / moriman


 

 

 

 

 

 

 綿は和歌山、ウールは尾州、合繊ポリエステルは北陸と素材によって産地が分かれており、<CURLY&Co.>で作られるTシャツやパーカの綿生地は和歌山県内にある4~5社のニッター(メリヤス製造業社)を使い分けて、作られている。

 

「その工場にしかない機械があるんです。編機に装着された針の密度を表す単位をゲージと呼びますが、そのゲージの釜(編み針を入れる溝が付いた円形の針床)がニッターごとに異なり、作れる生地も違ってきます。中でもハギハラメリヤスさんはそれが顕著で、裏毛ジャガードと、丸胴天竺に特化されていて、他では絶対に真似できないんですよ」。

 

 

 

 

 Tシャツなどで使われる丸胴の天竺生地は、通常コットンの単糸で作られており、糸が元に戻ろうとする力と、円筒状に編まれる時に出来た歪みから、使い込むとねじれが生じる。ハギハラメリヤスではオリジナルパーツで編み機をカスタムし、糸も特別なものに変えることで、ねじれない丸胴天竺を開発。<CURLY&Co.>の定番Tシャツに採用されている。2018AWのコレクションを見ると、38種類中約6割がオリジナルファブリックとなっているが、生地はどういった工程で製作されるのだろう。

 

「色々なパターンがあります。例えば紀南莫大小(キナンメリヤス)工場さんの場合は、担当の方からメールを頂いたことがきっかけで、今では五年のお付き合い。ジャカードカーディガン(HOXTON NC CARDE)の生地などをお願いしています」。

 

 

 

 

ファーストシーズンから続く<CURLY&Co.>を象徴するジップアップパーカは、ニッターから提案された生地にインスピレーションを得て生まれた。しかし、基本はデザインを優先することが多いという。

 

「例えばパンツを作るとなったら、夏向けでシルエットはこう。薄くてハリがありストレッチも効いていて、と具体的にデザインします。そこから素材ですね。綿100%なのかポリエステルが混じってるのか。そして編み方。裏毛か、天竺か、プレーティングか。細部まで具体的に決めて工場に話をします。ニッターにイメージに近い生地がある場合は、それを元に、目を詰めたり、厚みを薄くしたりと試行錯誤して近づけていくということもあります」。

 

 

 

 

編み方や素材では表現できない、風合いなどが欲しい時は、ニッターからさらに生地の特殊加工や染色を請け負う専門の工場へ出される。これだけの工程を経てサンプルを作っても、製品化に至らないこともあるというから<CURLY&Co.>の生地へのこだわりは強い。工場の担当者に<CURLY&Co.>との製作について聞いたところ、伊藤さんには作りたいものがあり、そこへ向かって共に進んでいく喜びがあるという答えが返ってきた。

 

「逆にそうじゃないと僕に付き合ってもらえないと思います。もうちょっとここをこうして欲しいみたいな要求がすごく細かいので。そのへんは本当に面倒くさいと思います(笑)」。

 

 良いものにするためギリギリまで細部を詰める。それを可能にする高い技術力と信頼関係が<CURLY&Co.>の物作りを支えていた。

 

2018AW CURLY&Co. 最新アイテムをピックアップ!

 

秋冬版のトラックジャケットとトラックトラウザース。普段着から仕事着まで様々なTPOに対応。素材はウール混の温かみのある糸でヘリンボンに編み立てたオリジナルファブリック。カットソーならではの柔らかなシルエットが秀逸。BLEECKER HB JACKET ¥26000、TOROUSERS ¥19400

 

 

身頃上部の切り替え部分が印象的なボアブルゾン。高めの衿は首をすっぽりと覆い、折り返してレギュラーカラーのように着ることも可能。街着として重宝しそう。CLOUDY BOA SC BLOUSON ¥29600

 

 

ドル丈のカーディガンとコートの中間的なデザインが魅力。カーディガンとして着たり、シャツやパーカとレイヤードしたりコーディネイトを楽しめる。HOXTON NC CARDE ¥19800

 


 

<CURLY&Co.>の最新アイテムをもっと見たい方はカジカジ10月号を要チェック!

 

 

雑誌のご購入はこちら

 

Facebook Twitter LINE
loading