期間限定:おうち時間を楽しむためのPOP-UP
Facebook Twitter LINE

2018.02.03 Sat

#Osaka

アメ村・ショウザンビルの老舗古着屋「Sunny side up」 大阪の古着屋さんガイド 30

アメ村・ショウザンビルの老舗古着屋
「Sunny side up」 大阪の古着屋さんガイド 30

#アメリカ村#ショップガイド#古着

Facebook Twitter LINE

 

今なお追い求め続けるアメリカの日常着

 

店主の松本正勝さんがバブル以前の84年から服屋として独立し、かつてアメ村最南端にあった伝説の雑居ビル、無国籍百貨に『サニーサイドアップ』をオープン。その第1期を合わせると20年以上の歴史を持つ老舗だ。50を過ぎた今も年に5回のペースでアメリカへと渡り、ディーラー、アンティークショー、そして1967年から続くLAのローズボールで締めるという買い付け行脚を決行。

 

 

’60sの西ドイツ製のコート¥14800。「がっちりしたウールの質感と暗い色目。やっぱりドイツっぽいよね(笑)」

’60sの西ドイツ製のコート¥14800。「がっちりしたウールの質感と暗い色目。やっぱりドイツっぽいよね(笑)」

アスレチックTシャツ¥22800。編み上げ&コットン100%が貴重な’40年代製のサッカーのユニフォーム

アスレチックTシャツ¥22800。編み上げ&コットン100%が貴重な’40年代製のサッカーのユニフォーム

 

「昔も今も、よそ行きの服やのうてアメリカの日常着。何でもないおっちゃんが、仕事終わりに着替えんとそのまま飲みに出かけるような格好やね」。店に並ぶラインナップはもちろんだが、そう話す松本さんが、ネルシャツにジーンズというまさにそんなスタイルを楽しんでいる。ちなみに<リーバイス>の501は、メイド・イン・USA以外もピックアップ。「そらアメリカ製がベストやけど、自分の気に入った色落ちのものならドミニカでもメキシコでも」。そんな気負いのなさにグッとくる。

 

 

この店を始める前の’80年代初期から集めているアンティークの時計。オイルライターやカメラにも目がない

 

 

 

 

 

Sunny side up サニーサイドアップ

大阪市中央区西心斎橋2-13-13 ショウザンビル内

Tel:06-6213-3208

13:00~20:00 水曜休

sunnysideup.blog.jp

 

※掲載商品の在庫状況は、お店にお問い合わせください

 


 

 まだまだあります。

▶︎ 大阪の古着屋さんガイド 一覧

 

 

出展:

大阪の古着屋さんを

いっぱい知りたいから

いっぱい載せてみた本

furugi-sq

発売中 980円(税込)

近日、続編 刊行決定!!

 

Facebook Twitter LINE
loading