各分野の職人たちのリアルワークスタイルを大調査。<br>MY WORK STYLES ! !

各分野の職人たちのリアルワークスタイルを大調査。
MY WORK STYLES ! !

2017.08.27 Sun category : FASHION

 

使い込まれた作業着や、ユニフォームの熟れた着こなしなど…。リアルなワークスタイルには、グっとくるものがある。そこで、カジカジの取材で出会った様々なジャンルの方たちにスナップを依頼し、とことんリアルなワークスタイルを撮影させてもらいました。

 

街とは異なる、圧倒的なリアリティは必見です!

 

 


 

職業:彫刻家

 

上からキャップ[USED]、ブルー ナ ボインのシャツ、ユニクロのカーゴパンツ、コーナンの作業靴

 

 

キボリ作家  北浦和也 さん(34)

「9月13日〜24日、ソーイングギャラリーで個展します!」

 

大阪を拠点に、ユーモアに富んだシュールで破壊力のある作風が特徴のキボリ作品を制作する北浦さん。(机にチラッと見えるのが彼の作品たち。一度見たらやみつきになります。)日々、木を削ったり、その削った木にペイントしたり…という作業上生まれる絶妙なヤレ感と、キャップ×耳当ての組み合わせが、妙にストリートっぽくてカッコいい。まるでヴィンテージのようなエイジングに仕上がった「ユニクロ」のカーゴパンツも男心をくすぐる。

 

 

機械を使って木を削ることも多く、作業時は高遮音イヤーマフが必須。愛用しているのは航空整備士用のもの

機械を使って木を削ることも多く、作業時は高遮音イヤーマフが必須。愛用しているのは航空整備士用のもの

「カーゴポケット部分で筆が拭けて便利なんです」。色彩豊かな作風である北浦さんならではのエイジングが面白い

「カーゴポケット部分で筆が拭けて便利なんです」。色彩豊かな作風である北浦さんならではのエイジングが面白い

 

 


 

職業:ピザ職人

 

上からシュプリームのキャップ、ピザスタンドニューヨークのTシャツ、ナイキのエアマックス

 

 

PIZZA STAND NY / マネージャー  福本大介 さん(30)

「ピザに合うレモネードも準備しています」

 

本場アメリカで修行した後、NYスタイルのピザ屋『PIZZA STAND NY』をアメ村にオープン。そんな福本さんの仕事着は、お店のロゴを使ったオリジナルのTシャツが制服。衛生面を配慮して身につけているキャップが、Tシャツと合わさることでストリートな匂いを醸し出している。

 

 

オリジナルTシャツも、ボックスロゴにすることで、ストリート感アップ。オリジナルのシャツも現在仕込み中だそう

 

 


 

職業:靴磨き職人

 

上からリングヂャケットのジャケット、ALBEROのタイ、リゾルトのジーンズ、J.M.ウエストンの598

 

 

THE WAY THINGS GO / スタッフ  寺島直希 さん(22)

「靴磨き、お待ちしております!」

 

20歳の時に靴磨きの世界に魅了され、大阪の気鋭の靴磨き職人『THE WAY THINGS GO』(URL : www.twtgshoeshine.com)の石見さんの下に弟子入り。色合わせに気を遣ったフォーマルなスタイルが彼の仕事着のスタンダード。パンツがデニムなのは、膝を曲げる作業が多いからなんだとか。

 

 

最近のお気に入りだという<J.Mウエストン>の598は、さすが靴磨き職人、丁寧な手入れが見受けられる

 

 


 

 

様々なジャンルのワークスタイル、つづきます。

次のページへ➤ 

 

 

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > FASHION > スタコレ > 各分野の職人たちのリアルワークスタイルを大調査。
MY WORK STYLES ! !