カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2017.03.26 Sun

#Kyoto

シリーズ『京都STANDARD3』京都の古着屋で迷ったら、まずはここへ

シリーズ『京都STANDARD3』
京都の古着屋で迷ったら、まずはここへ

Facebook Twitter LINE

 

独断と偏見で選ぶ、京都市内のいろんな“マチガイナイ”3ショップを選出しました!

 

京都で迷ったら『ここへ』。

 

今回は「古着屋編」。京都にも古着屋さんは多いけど、やはりなぜかどこも”京都らしい”としか言いようのない雰囲気を持っているが不思議です。

 

 

 

広大なフロアを埋め尽くす良質のレギュラー群

JAM 京都店

スーパーマンのプリントがあしらわれたコンバースのオールスター[USED]¥5000

 

 

 

スーパーマンのプリントがあしらわれたコンバースのオールスター[USED]¥5000

 

 

 

約100坪にもおよぶビッグスケールの店内には、トレンドを加味し今の気分にドンズバな’90年代のストリートアイテムを筆頭に、ワーク、ミリタリー、トラッドなど、あらゆるジャンルをくまなくフォロー。さらに週2回のハイペースで入荷されるとあって、常にフレッシュな顔ぶれがあふれている。ラックにはレギュラーに紛れ、こっそりとヴィンテージがミックスされており、古着屋本来の宝探し感覚でオンリーワンの一着をDIGれるのだ。

 

 

これからの季節にちょうどいいブルゾン類はカラバリ豊富にスタンバイ

これからの季節にちょうどいいブルゾン類はカラバリ豊富にスタンバイ

コンバースも十分なストックを確保

コンバースも十分なストックを確保

 

 

 

ジャム 京都店

京都市中京区弁慶石町51 2F 

Tel:075-708-3925 

12:00~20:00 無休 

http://jamtrading.jp

 

 


 

 

気品を忘れない紳士な古着店

Haole

 

 

ウッドベンチとグリーンに覆われた外観がイカす『ハオリ』。床の軋む音が18年の歴史を感じさせる店内には、アメリカ西海岸をベースに収集したスウェットやデニムといったアメカジ服をはじめ、レザーシューズや珍しいアンティークウォッチもズラリと並ぶ。

そのうえ、’60sのスラックスを美シルエットへと再構築したパンツなど、オリジナルも充実の一途。古着好きはもとより、ファッションアディクトの琴線に触れる服にあふれているのだ。

 

 

店に入ってすぐに迎えてくれるシューズはどれもグッドコンディション

 

 

 

古着の王道のスウェットはポップなプリントをメインにスタンバイ

古着の王道のスウェットはポップなプリントをメインにスタンバイ

小ぶりなダイヤルがどんなスタイルにもバシッとハマるアンティークウォッチ

小ぶりなダイヤルがどんなスタイルにもバシッとハマるアンティークウォッチ

 

 

ハオリ
京都市中京区御幸町通り蛸薬師下ル

船屋町363-1 MJ BLDG.1F 
Tel:075-255-4842
11:00~20:00 無休 

http://haole.jp

 

 


 

 

ヴィンテージフリークが通う服のEXPO

HOMIES

年代、カラーなどバラエティ豊かなカレッジリングは、破格の一律¥10000!

 

  

 

御幸町通りにある階段を上り木製の扉を開けると広がる、天井高くまで陳列されたヴィンテージ。「一年の半数は海外で過ごします」とバイイングへの情熱がみなぎる店主の桒原孝之さん。ラックをパンパンに埋めるアイテムは、アメリカモノをはじめ、イギリスで買い付けたカシミアニット、フランスで掘り出したフレンチワーク、ドイツのシューズなど、目移り必至の万国博覧会状態。一生の相棒はどいつにしようか、うれしい悩みは尽きない。

 

 

2ヵ月に1度のペースでフレッシュなアイテムが続々と入荷する

2ヵ月に1度のペースでフレッシュなアイテムが続々と入荷する

引き出し豊富な店主の解説を聞くうちにブツ欲も自ずとあふれ出す

引き出し豊富な店主の解説を聞くうちにブツ欲も自ずとあふれ出す

 

 

 

1934年製の、ウールスポーツJKT[USED]¥149500

 

 

 

ホーミーズ

京都市中京区御幸町四条上ル大日町410 大日ビル2F 
Tel:075-212-5575 
12:00~20:00  不定休 

http://homies235.blog24.fc2.com

 

 


 

【関連記事】

シリーズ『京都STANDARD3』

▶︎その他の記事を読む

 

 

古着のメガストア『JAM堀江店』

大阪の古着屋さんガイド 01

 

Facebook Twitter LINE
loading