中崎町の歴史を知る店『BOW&ARROW』<br>大阪の古着屋さんガイド 13

中崎町の歴史を知る店『BOW&ARROW』
大阪の古着屋さんガイド 13

2017.03.11 Sat category : FASHION

 

オーナーの人柄を反映した 武骨なラインナップ

 

中崎町が“まだ何もなかった頃”の1997年にオープン。オーナーの遠藤昭彦さんが現在でも自らアメリカへと出向き、ヴィンテージとレギュラーをバランス良くピックする。

 

 

 

 

 

アメリカの古いカーカルチャーに造形の深い氏らしく、レザージャケットのほか<ベルスタッフ>の“トライアルマスター”や<バブアー>の“インターナショナル”に代表される男らしいトップスは季節を問わず1年を通して展開。レザーに関しては古着だけでなく、オリジナルの<BAAコスチュームMFG>、遠藤さんもデザインに参加する<FEE>も揃え、USEDと組み合わせた武骨ながらも現代的なコーディネートを提案する。

 

 

 

ブコのライダースJKT ¥240000。前の所有者が打ち込んだであろう、襟やポケットに入ったスタッズに注目

 

 

 

 

 

 

フックレインパーカー¥78000。’40sのミリタリーアウターに、MCカークラブのロゴプリントが施された珍品

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、ミリタリーやスポーツといったテイストでも良品ばかりが一堂に。遠藤さんのライフスタイルをそのまま反映したようなラインナップに、大阪だけでなく遠方からも多くの人が足繁く通う『ボウ&アロー』。中崎町を代表するショップとして、今後もファンを楽しませてくれる。

 

 

 

 

BOW&ARROW ボウ&アロー
大阪市北区鶴野町2-30

Tel:06-6376-0004

12:00~20:00 不定休

http://bowarrow71.blog111.fc2.com

 

※掲載アイテムの現在の在庫状況については各店へお問い合わせ下さい

 


 

 まだまだあります。

▶︎ 大阪の古着屋さんガイド 一覧を見る

 

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > FASHION > ショップ&アイテム > 中崎町の歴史を知る店『BOW&ARROW』
大阪の古着屋さんガイド 13