カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2018.03.02 Fri

#Osaka

(良い意味で)思てたんと違う!!!<br>映画「ブラックパンサー」の試写に行ってきました。

(良い意味で)思てたんと違う!!!
映画「ブラックパンサー」の試写に行ってきました。

#MARVEL#カルチャー#レビュー#映画#試写会

Facebook Twitter LINE

 

先日、現在公開中の映画「ブラックパンサー」の劇場試写会に参加してきました。アベンジャーズなどでお馴染みのマーベル映画の最新作ですね。アイアンマンやハルクらに比べ、あまり聞き慣れないヒーロー「ブラックパンサー」ですが、先行公開されているアメリカでは超絶ヒット中とのことで、その魅力を体験しに劇場に足を運ぶことに。

 

 

この日は主要キャストのひとり、主人公の妹シュリの吹き替えを担当した百田夏菜子さん(ももいろクローバーZ)も登壇しての完成披露試写会。初のハリウッド作品に関わることのプレッシャーと喜びを感じるというコメント、そして以前、朝ドラの撮影のため1年弱過ごした大阪暮らしについての思い出などを語っていました。

 

そして上映後の感想ですが、記事のタイトルどおり…  思てたんと違う!! (ほんと、いい意味で)。アフリカ中央の架空の国… そう聞くと大自然の中でのアクションかと思いきや、実は世界から身を隠した超ハイテク文明の国!! アクションも外連味たっぷりで、SF的ガジェットがふんだんに使われるのもナイス。

 

 

中央がブラックパンサーことティ・チャラ。右は、実はこの人が最強じゃないの? と思わす王国の女戦士オコエ

中央がブラックパンサーことティ・チャラ。右は、実はこの人が最強じゃないの? と思わす王国の女戦士オコエ

まさかアフリカ中央部とは思えない!! 高層ビル群が並ぶ未来都市。ここが本作の舞台、超文明国家「ワカンダ」

まさかアフリカ中央部とは思えない!! 高層ビル群が並ぶ未来都市。ここが本作の舞台、超文明国家「ワカンダ」

 

 

そんな近未来的な世界観を展開しながら、アフリカらしい鮮やかな色彩感覚や神秘性も加味されていて、さらに新鮮さが増します。また、誰もがスカッと楽しめるエンタメ性の高い作品なんだけど、その中には人種差別・反グローバリズムなど現実世界の社会問題を数多く含んだ、シリアスな一面も覗かせてくれる。

 

 

タイトル聞いただけだど、ブラックパンサー? ん? ってなる人も多そうだけど、実は他のマーベル作品以上に万人におすすめできる間口の広い作品かもしれない。2018年に観ておくべき1本なのは間違いないですね。忖度なしでオススメです。

 

 

 

STORY

若き国王ティ・チャラ、またの名を漆黒のヒーロー<ブラックパンサー>。 2つの顔を持つ彼の使命は、祖国である超文明国家ワカンダの“秘密” ──“ヴィブラニウム”を守ること。それは、世界を破壊するパワーを秘めた鉱石だった。 突然の父の死によって王位を継いだティ・チャラは、人類の未来をも脅かすこの国の“秘密”を守る使命を負う事に。だが――「私に、使命が果たせるのか…?」 ミステリアスな新ヒーロー誕生の全てを描く、ハイスピード・アクション・エンターテイメント!

 

 

 

ブラックパンサー

出演:チャドウィックボーズマン/マイケル・B・ジョーダン/レティーシャ・ライト/ルピタ・ニョンゴ/ダナイ・グリラ/マーティン・フリーマンほか

日本語吹替版:田村真/津田健次郎/百田夏菜子/皆川純子/斎賀みつき/森川智之ほか
監督:ライアン・クーグラー 制作:ケビン・ファイギ

2017年3月1日(木)より全国公開中

©Marvel Studios 2018  All rights reserved.

 

ウォルト・ディズニー・ジャパンの公式サイトへ  
http://disney-studio.jp/

 

Facebook Twitter LINE
loading