夏の夜のマーケットイベント<br>芦原橋ナイトアップマーケットに行ってみた。

夏の夜のマーケットイベント
芦原橋ナイトアップマーケットに行ってみた。

2017.08.11 Fri category : HAVE FUN

 

大阪環状線、芦原橋駅。この近くで毎月第3日曜日のみ行われている、ハンドメイド雑貨やこだわりの食品・食材のお店が集まるイベント「芦原橋アップマーケット」。駅から徒歩2分圏内に「タイムズ会場」、「ステーションプラザ会場」、「ソルトバレイ会場」の3つに分かれており、それぞれ合わせて約100店がこのイベントに集結します。

 

今回は、前回の7月16日に開催されたイベントの様子をレポートしていきますよ〜!

 

 

 

 

7月16日のアップマーケットは、「ナイトアップマーケット」という事で時間がいつもと違い、16時〜21時に開催されました。太陽が沈みだす頃なので比較的過ごしやすく、回りやすかったです。

 

JR芦原橋駅で下車し、南出口からすぐ現れるのは、ずらっと並ぶパラソルとグリーンに彩られた「ステーションプラザ会場」。ここではハンドメイドの作品が20店舗以上並び、高架下には革工房もありました。

 

 

 

ステーションプラザ会場をぶらぶら歩いていると、目の前に突然天使が…!!!  可愛すぎて言葉を失いました(笑)また、この天使が被っている帽子がもう可愛くて可愛くて。完全に目を奪われましたね。

 

天使は道行く人みんなの注目の的でした。

 

 

実はこれ、今回ステーションプラザ会場で出店していた「* たまや *」さんの帽子。この天使は娘さんということでした〜! 種類も多く、どんぐり帽子や色えんぴつ帽子にとんがり帽子… 親子や兄妹、お揃いで使えるかぎ針編みアイテムがいっぱい。ちなみに天使が被っていたのは色えんぴつ帽子です。

 

どんぐり帽子も可愛い

どんぐり帽子も可愛い

モデル兼看板娘ですね

モデル兼看板娘ですね

 

 

気になる方はインスタグラムをチェック!!

かぎ針編み・ハンドメイド作家  *たまや*

Instagram: @tamayasaketen

 

 

 

芦原橋駅の北出口から近いのが「ソルトバレイ会場」。ここでは、こだわりの食品・食材のお店がいっぱい詰まったマーケット「SALVALLEY FOR FOOD LOVERS」が開催されています。この会場なんと3階まであるので上のフロアを見るのもお忘れなく!(ちなみに上はクーラーがかかっていたので、涼しかった…!)

 

 

 

 

ここで気になったのは「一心茶房/一點」という、蒸しぱんと色々な焼き菓子を売っているお店。本当にたくさんの蒸しぱんが並んでいるので、凄く悩みます。パッケージもオシャレなのでお土産にもオススメ。また、このお店実店舗が難波にあり、そこでも蒸しぱんを使ったランチが食べられるそう。こっちも行ってみたい…!!

 

 

この日1番人気だったという、焼きとうもろこしの蒸しぱん

この日1番人気だったという、焼きとうもろこしの蒸しぱん

種類が多すぎて選べない……

種類が多すぎて選べない……

 

 

気になる方はインスタグラムをチェック!

一心茶房/一點

Instagram:@issinchabo.itten

 

 

 

「ステーションプラザ会場」を抜けた先に出てくるのは、メインである「タイムズ会場」。ここではハンドクラフトに新窯ピッツァ、地元ホルモン、クラフトビアにステージなどが揃った野外会場が広がり、周りとの雰囲気とは明らかに違う空間が現れます。

 

 

丹波篠山のクラフトビアが楽しめる「ジグザグブルワリー」

丹波篠山のクラフトビアが楽しめる「ジグザグブルワリー」

シブいお兄さんが焼くつくね串はビールと相性◎  1本¥100

シブいお兄さんが焼くつくね串はビールと相性◎ 1本¥100

facebookでシェアする Twitterでシェアする
TOP > HAVE FUN > 楽しむ・体験 > 夏の夜のマーケットイベント
芦原橋ナイトアップマーケットに行ってみた。