カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2019.10.04 Fri

#Kansai

ニュージェネレーションな作品が集まった『カジカジH』フォトコンテスト【学生部門】結果速報!

ニュージェネレーションな作品が集まった『カジカジH』フォトコンテスト【学生部門】結果速報!

#カジカジH

Facebook Twitter LINE

カジカジHが5年ぶりとなるフォトコンテストを開催。テーマは「令和最初に発信したいスタイル~あなたがカジカジHの表紙をつくるなら?~」。初の学生部門を設け、新しい感性を募った本コンテスト。一般部門466点、学生部門167点、計633点もの応募がありました。

 

ここでは、学生部門の入賞者を発表するとともに、フレッシュな応募作品の中から一部(一次審査通過者のみ)をご紹介します。

 

※カジカジH編集部・カジカジ編集部で一次審査を行ったのち、カメラマン井関氏と高橋氏を中心に最終審査を行いました。また、今回は完全匿名(学校名、学年などの情報)、写真のみでの審査となっています。

 


 

 

カジカジH フォトコンテスト結果【学生部門】

 

「今回はテーマどおり、この被写体を表紙にしたいと思う、これからを感じさせるスタイルを選びました。学生部門は特に、新しさとオリジナリティを感じるもの、中でもファッション性や世界観を突き詰めた作品に勢いを感じました。また、こちらも上位優秀作品はカジカジH表紙バージョンもあり。」(カジカジH編集部)

 

※各画像(上位作品)をクリックすると「カジカジH表紙バージョン」が表示されます。

 

 

 最優秀賞 

 

 

佐々木ジョーさん(関西美容専門学校)1年

 

「めっちゃイイ。この顔にこのヘア、メイク。キワモノになってない。ワールドワイドで、未来を感じる。作り手が“オレが一番イケてる!!”って心の中で思ってる感じがあって、それってこの年齢にしかできないことで、それがすごく良い」(高橋氏) 「顔がいい。どこかエレガントさを感じる」(井関氏) 「ヘアは特別に見えないですが、これにこのメイクという発想が新しすぎて…。結果、被写体としてとても惹かれます。特別なバランス感覚と解放された価値観を感じます」(カジカジH編集部)

 

 

 

 優秀賞 

 

 

橋本桃果さん(関西美容専門学校)2年

 

「モデル、ヘア、メイク、それに色もバランスが素晴らしい! このアングルも、自分の世界をわかってる」(井関氏) 「よく見ると要所要所に学生ならではの斬新なアイデアがあって、それが良い。眉がかわいい!」(髙橋氏) 「アートのようなムードが良いです」(カジカジH編集部)

 

 

 

 

澤村 慎太郎さん(日本美容専門学校)2年

 

「モデルとヘアが合ってて、イケてるやつって感じる。勢いもある」(井関氏) 「街の眼ならぜったい撮る!」(高橋氏) 「迷いがなく堂々としていてカッコイイ。それに、モデルのキャラクターを想像してしまうリアルさも魅力になっています」(カジカジH編集部)

 

 

 

 

伊藤有紗さん(関西美容専門学校)2年

 

「モデルの顔がかわいい。プロが撮らないアングルなのも良い」(高橋氏) 「ヘアはもう少しだけれど、ムードが格段良い。これからの可能性を感じます」(井関氏) 「まだ学生なのに自分の世界観がしっかりしていて、それをひとつの形にできる力があるというのに驚きました」(カジカジH編集部)

 

 

 

 

一次審査 通過作品

※クリックで拡大・詳細(応募学生名/学校/学年)表示します

 

 


 

 

なお、11月30日発売のカジカジH VOL.63では本フォトコンテストの特集を予定。見ごたえのある作品が多かった学生部門は、できるだけ多くの作品をご紹介しながらお届けする予定です。審査員による入賞者のコメントはもちろん、最優秀賞者のインタビューなども予定しているので、こちらもお楽しみに!

 

カジカジヘア instagram @czczh_editord

 

 

フォトコンテスト【一般部門】を見る

 

Facebook Twitter LINE
loading