カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2019.09.19 Thu

#Kyoto

京都を舞台にする映画『HELLO WORLD』のプレミアイベントが東本願寺で開催!!

京都を舞台にする映画『HELLO WORLD』のプレミアイベントが東本願寺で開催!!

#イベント#レポート#動画#映画

Facebook Twitter LINE

9月20日全国公開。この秋、最注目の劇場アニメーション作品『HELLO WORLD』。2017年公開の「劇場版 ソードアート・オンライン –オーディナル・スケール‐」で注目を集めた伊藤智彦監督が生み出した、新機軸のハイスピードSF青春ラブストーリー。そのスペシャルプレミアが、京都は東本願寺を舞台に開催された。

 

 

 


 

 

9月11日、夜の京都。朝から降り続いた雨が一瞬の膠着を見せたころ、京都タワーを背に声の出演をするメインキャスト「北村匠海」「松坂桃李」「浜辺美波」の3人が揃って登場。この日集まった多くの観客の前でレッドカーペットを歩き、東本願寺の象徴でもある御影堂へと登壇。日本アニメーションの次世代を担う伊藤智彦監督に京都府知事、東本願寺宗務総長らを加え、トークイベントが行われた。

 

 

 

レッドカーペットにメインキャストの3人が登場。主役の堅書直実を演じる、今回が声優初挑戦となる北村匠海(中央)と一行瑠璃を演じる浜辺美波(左)、カタガキナオミを演じる松坂桃李(右)

 

 

劇中にも登場する、浄土真宗「真宗大谷派」の本山『東本願寺(真宗本廟)』。このようなレッドカーペットイベントが行われるのは、もちろん史上初

 

 

一時はどしゃ降り、と言ってもいいほどの悪天候にも関わらず、1500人もの観客を目の当たりにし、キャストの面々はそれぞれ感激のコメントを。さらに、こちらも異例の東本願寺境内に設置した大型スクリーンによる野外上映会も開催された

 

 

 

“時の流れ”を象徴する街、京都が物語の舞台

 

 

 

 

 

出町柳・鴨川デルタをはじめ、南図書館、二条、京都駅大階段など、京都の様々なエリアが劇中に登場する。ただ単純に物語の舞台というだけでなく、京都の”街” 自体がストーリーの核心を担う存在となる作品になっている。

 

この物語セカイは、ラスト1秒でひっくり返る—— のキャッチコピーのとおり、最後の最後まで目の離せないその結末は、ぜひ劇場で。

 

 

 

 

STORY

京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村匠海)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(松坂桃李)が突然現れる。ナオミによれば、同級生の瑠璃(浜辺美波)は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。「頼む、力を貸してくれ。」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。

 


 

 

©2019「HELLO WORLD」制作委員会

 

HELLO  WORLD 
ハロー・ワールド

2019年9月20日(金)全国ロードショー

出演:北村匠海 / 松坂桃李 / 浜辺美波 / 福原遥 / 寿美菜子 / 釘宮理恵 / 子安武人ほか
監督:伊藤智彦 脚本:野崎まど
キャラクターデザイン:堀口悠紀子

主題歌:「新世界」OKAMOTO’S 「イエスタデイ」Official髭男dism 「Lost Game」Nulbarich

 

公式サイト

https://hello-world-movie.com

 

Facebook Twitter LINE
loading