カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2019.08.17 Sat

#Osaka

セール真っ只中にCLOSEしたクレオパトラ。一体、スタッフ “junji” はどこへ消えた!?

セール真っ只中にCLOSEしたクレオパトラ。一体、スタッフ “junji” はどこへ消えた!?

#クレオパトラ#ヨーロッパ#堀江#旅

Facebook Twitter LINE

6月24日〜7月12日の約3週間の間、堀江の人気セレクトショップ『クレオパトラ』が突如CLOSE。その間に、バイヤーを務めるjunji氏はファッションの本質や感性を磨くべくヨーロッパへ飛び立っていた。西ヨーロッパ各国を巡る中、特に印象に残った街、ベルリン・アムステルダム・パリを振り返る。

 

 

 

 

junji(27)

CLEOPATRAに入社して6年目。主にマネジメントやバイイングを担当している。普段はシンプルなスタイリングが多い。19AWからは派手な柄やカラーをバランスよくミックスすることにチャレンジするそう。
Instagram  @junjio

 


 

 

BERLIN

▶︎▶︎ベルリン

 

 

「セレクトショップは、洋服以外にも、ユニークな植物やカラフルな食器、アート画をディスプレイしているところが多く魅力的でした。特にスポーツテイストが強く、スニーカーはかなり充実してました。ただ、有名なセレクトショップに行く事が多かったので、洋服のブランドがメゾンであったり、スニーカーも同じモデルが多かったような気もします。それに比べると、関西のショップの方がブランドラインナップは面白いと思いました」

 

 

 

「あと、街の空気感は凄く良かったです。東ドイツの歴史、昔の名残りがあると言うか、近代化したエリアもありますけど、ストリートのグラフィティやステッカー、戦後から残る柱に貼られた広告の束など、良い意味で“DIRTY”な部分が多くすごく良かったです。あと週末のクラブパーティーも最高でした。やはりテクノ。日本にはない圧倒的な盛り上がり、グルーヴ。こういうアングラなカルチャーも日常に近い存在にあるんだなと。その他にもドイツはオーガニック食品にも意識が高く、数多くのBIOマーケットを見かけました。(厳しい基準をクリアしてオーガニックとして認められたBIOマーク)暑い中、食べるオーガニックのアイスシャーベットは格別でした」

 

 

 


 

AMSTERDAM

▶︎▶︎アムステルダム

 

 

「アムステルダムは、本当にハッピーな空気感に包まれていました。建物の色使い、気さくな人々、広大な芝生が広がる公園、夏のヨーロッパは夜の9時過ぎまで明るく子供から大人までみんな遊んでいる様子は、まるで天国みたいでした。あと駅の構造や規模にびっくり。自転車は車道のように整備されていて、実際にレンタルして運河、海沿いのサイクリングロードを堪能。その時の夕日が最高でした。アムステルダムの名門レーベル、RUSH HOURのレコードショップもかなりCOOLでした」

 

 

 


 

PARIS

▶︎▶︎パリ

 

 

「パリは主に展示会とセレクトショップまわりがメインで、観光などはほとんどせずでした。セレクトショップの感想は、セール時期という事もあり、新作はほとんど立ち上がっておらず、メゾンなどのハイブランドも大胆にセールになっていて、ちょっとショックでした。店内は、シンプルな木製や金属の什器が多くクリーンなイメージ、でもそこにはしっかりエレガントさも兼ね備えてました。ゴージャスより、さりげないお洒落さみたいなのを感じました」

 

 

 

 

「僕が回ったセレクトショップの中では、特に『GRADUATE』というお店が印象に残っています(@graduate_store)。『クレオパトラ』みたいにマンションの一階の一部が路面店になっていて、パリの建物だから、雰囲気もあって、うちとはかっこよさは全然違うんですけど(笑) 店内はストリートブランドをメインに、ラグジュアリーブランドをMIXさせていてディスプレイも高級感があり、すごく格好良いハイストリートな雰囲気を感じました」

 

 

 

 


 

「ヨーロッパを巡る中で、お店のセレクトやディスプレイ、什器など、各ショップがもつ独自のこだわりは、『クレオパトラ』と置き換えて考えてみても大きな違いがあって、学ぶポイントばかりでした。セレクトショップだけでなく、自然と広がる街並みやクラブなどの音楽カルチャーからも吸収することが多かったです。ファッションは、いかに自分のライフスタイルに落とし込むかが重要だと思っています。良い素材やシルエットはもちろん、機能性であったりユニークなもの、さまざまな日常やシーンに溶け込む洋服をこれからも意識し、洋服だけじゃなく、今回の旅で得られたプライスレスな部分も一緒に届けていきたいと思います」

 

 

CLEOPATRA

大阪市西区北堀江1-12-15

Tel : 06-6534-0212

13:00〜20:00、12:00〜20:00(土日)

streetshop.on-co.com
Instagram  @cleopatra_on

 

Facebook Twitter LINE
loading