カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2019.04.29 Mon

#Kyoto

地球環境に配慮したエシカルなドーナツファクトリーが新京極に。

地球環境に配慮したエシカルなドーナツファクトリーが新京極に。

#エシカル#グルメ#ドーナツ#京都#新店オープン

Facebook Twitter LINE

 

京都・新京極商店街に3月オープンしたドーナツファクトリー『koe donuts』。「オーガニック」「天然由来」「地産地消」をキーワードに、素材や製法にこだわった日本らしいエシカルなドーナツが楽しめるとオープンして1ヶ月が経った今でも行列が出来るほど人気のお店。

 

 

全てのドーナツは、店内にある「powder factory」内の石臼で毎日丁寧に挽いた、有機小麦全粒粉を使用。さらに自然の甘さが詰まったグラニュー糖に京都の美山産の牛乳を使用するなど素材に一切の妥協ナシ。食材そのものの美味しさを引き立てるため、シンプルな調理方法にこだわっているということ。その為できるだけお店で手作りされているのだとか。そんなこだわりのドーナツたちが出来上がって行く行程を間近で見学できるのも面白い。

 

ドーナツ研究所なので、スタッフさんはみんな博士っぽいユニホーム。

ドーナツ研究所なので、スタッフさんはみんな博士っぽいユニホーム。

目の前でどんどんドーナツが完成していきます…

目の前でどんどんドーナツが完成していきます…

 

今回はお店の看板メニューでもある「ドーナツメルト ストロベリー」を頂くことに。見た目も可愛いので、インスタグラムでよく投稿されているのを見かけます。

 

ドーナツメルトストロベリー ¥850+tax

 

ドーナツとは思えないほどのしっとりとした生地感に思わずびっくり。見た目とは裏腹に甘さひかえめなので一瞬にして平らげてしまう。出来立てのドーナツをナイフ&フォークスタイルで食べるのも新しい。この他にも抹茶や五色豆など日本の素材を使ったメニューが多数展開しているほか、今大人気のタピオカとふわふわのチーズムースを乗せた「チーズタピオカティー」もチェックしておこう。

 

 

 

また、店内のデザインは、京都・嵐山の竹を用いた伝統的な六ツ目網かごをを、572個(!?)も使用されたドーム状の温かみ溢れる空間で、建築家の隈 研吾氏が手がけ話題に。また、イラストレーター長場 雄氏がデザインした”ドーナツ博士”のグッズも人気。

 

新たに誕生した新感覚のドーナツファクトリー「コエ ドーナツ」。京都に遊びにいく際はぜひこの”エシカル”なドーナツを味わってみて!

 

 

koé donuts kyoto

京都市中京区新京極通四条上ル中之町557番地

Tel : 075-748-1162

8:00 – 20:00 不定休

donuts.koe.com

 

Facebook Twitter LINE
loading