カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2019.02.10 Sun

#Osaka

お酒好きなあの人とご一緒に♡ Let’sはしご酒!!! / 2軒目

お酒好きなあの人とご一緒に♡
Let’sはしご酒!!! / 2軒目

#お酒#グルメ#夜遊び

Facebook Twitter LINE

みなさーん、呑んでますか?

 

飲み歩きの師匠たちに関西の酒場を教えてもらいながら、一緒に飲んじゃおうというこの企画。今月はニコの太平さんと一緒にはしご酒中。1軒目はグッドハプニング!? もありまして、多いに盛り上がり…(気になる人はこちらをチェック)、ひとしきりはしゃいだ後、仕事終わりの太平さんと合流。そのまま2軒目へGO!!!

 


 

今月のナビゲーター

 

 

#01 太平さん(キッチン和 マネージャー)

キッチン(和ニコ)の名物マネージャー。くるくるヘアとメガネがトレードマーク。

陽気なキャラクターでみんなに愛される。そして色んな立ち飲み屋で目撃されやすい。

 


 

 

2軒目

「the 9th village」

 

 

時間の感覚が無くなる南国BAR

1軒目に訪れた「キッチン和」から徒歩3分。雑居ビルの1F奥にあるのがこの「the 9th village」。オーナーが「NOVEM」のアロマキャンドルを制作しているので、こちらのお店でも販売しており、毎週水曜日にはキャンドルナイトが開催されている。南の島に来たかというような空間と陽気な雰囲気に酔いしれて、いつの間にか朝になっていた!  というお客さんが後を絶たない。

 

 

ニコから歩いて3分位で到着したのは「the 9th village」こと通称ナイビレ。隠れ家的Barはちょっぴり入りにくいけど、一度開けたらそこは南国。「元々はニコのお客さんにここ連れて行ってもらってん。そこからヤスとも仲良くなって通うようになってん」と太平さん。それでは店長のヤスさんも一緒にオススメだという季節の果実酒でとりあえず乾杯!!

 

 

こちらがオススメの季節の果実酒。「季節のって言ってるけど、あんま季節感考えてへんなあ。笑  でも、無くなったらフルーツは変えるようにしてる」ということで、どんなフルーツがあるかは行ってからのお楽しみ。ちなみに、この日はイチゴとオレンジの果実酒。女子受け抜群です。

 

「とりあえず、つまめるものでも頼む?」ということで、ナイビレの看板料理でもある「ジャークチキン」を頂くことに。ちなみにこれジャマイカの郷土料理らしい。初耳。

 

 

そうこうしている内に出て来た!!   スパイシーな風味はお酒のアテにはぴったり。ジューシーな鶏肉とも相性はバッチリです。「これってなに参考にしたんやっけ?」という質問に、「クックパッドっす」と即答のヤスさん。このやりとりには思わず吹いてしまったけど、クックパッドでも美味しければ全然良し◎

 

 

机の端からすごい存在感を放っていたので、ずっと気になっていたテキーラ専用ベル。これ鳴ることありますか?って聞いてみたら「めちゃくちゃ鳴るっす」とこれもまた即答。みんな恐ろしい飲み方するねえ。と関心していたら「試しに押してみよか」とチャレンジ精神旺盛な太平さんが鳴らすと…

 

 

なんやかんやしていた手を止めて、スグに出て来たテキーラ!! ちなみに押した回数分出てくることもあるそうなので、押し過ぎにはご注意を。それでは太平さんにはグッといって貰いましょう。

 

 

「テキーラのあとは、絶対にチェイサー出します」と出て来たのはパインジュース。ヤスさんの優しさには太平さんもこの表情。その他にもチンチロなど、テキーラを飲み合いするにはうってつけなゲームも置いていますが、みなさん飲み過ぎには注意しましょうね。笑

 

楽しい時間はあっという間。夜も明けてきて店じまいとのことなので、そろそろ移動。まだまだ飲み足りない&シメにぴったりな3軒目には、太平さんとヤスさんとご一緒に行きますよ!お楽しみに!

 

 


 

the 9th village

TEL: 06-6484-7569

20:00〜5:00 不定休

Instagram @the9thvillage_osaka

 

Facebook Twitter LINE
loading