カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2018.12.04 Tue

#Osaka

あの人気店から個性派まで、カジフェスの魅力を徹底調査! これ見ればあなたもきっとカジフェスマニアに!?

あの人気店から個性派まで、カジフェスの魅力を徹底調査!
これ見ればあなたもきっとカジフェスマニアに!?

#イベント#カジフェス#レポート

Facebook Twitter LINE

湊町リバープレイスを舞台に、80ショップ以上が集まるスペシャルマーケット「カジフェス」が今年も開催! 今回も大阪文化服装学院の生徒の皆さんの手をお借りして、レポート作成を依頼。当日気になったショップにインタビューや、ゲストスナップなど、楽しいイベントの様子をまとめてもらいました。

 

 


 

日本を代表する大人気ショップ『BEAMS』に突撃!

 

 

今回で3回目の出店のなるビームス。この日はブースに商品を置かず、フォトスポットで撮影すればノベルティをプレゼントするというカジフェス限定企画を開催。たくさんのお客さんで賑わいお忙しい中、笑顔でインタビューに答えてくれたのはプレスの井上さん。

 

 

「予想以上の大盛況!! ありがとうございます。年始にセールを行うので、皆様ぜひお越しください〜」

 

https://www.beams.co.jp/

 


 

ユニークなラインナップが魅力『JOURNAL STANDARD』

 

 

ジャーナルスタンダードでは、ストリートファッション初心者でも手に取りやすいシンプルなアイテムから、吉本新喜劇のすっちーとのコラボ商品などを販売。

 

販売員 玉木さんからは、「東京で40日間、様々なセレクトショップを展開します。楽しみにしていてください!」というなにやら面白そうな情報が。関西に住んでいる私たちですが、東京に足を運んででも行きたいと思いました。

 

 

「いよいよやって参りました。美味しい太陽いっぱい浴びます! 玉木です!」とユーモア溢れる玉木さん、インタビュー中も笑顔溢れる楽しい時間となりました

 

http://journal-standard.jp/

 


 

誰もが楽しめる、日本最大級の 古着屋『JAM』

 

 

ジャムは国内最大級の在庫とアイテムを揃え、初心者の方からヴィンテージマニアまで楽しめる古着屋です。この日は、たくさんの商品をカジフェス限定価格で販売。店頭から溢れるほどのお客さんで賑わっていました! 「綺麗で安全な古着ということを徹底しています。ウール素材の商品などは全てクリーニングしています!」と、スタッフ中原さん。人気の秘訣ココにあり!

 

 

「年末年始、ヴィンテージ商品大量入荷します。カジフェスサイコー!!」

 

https://jamtrading.jp/index.html

 


 

ひとつ一つ、こだわりのバッグ『MASTER PIECE』

 

 

革製品・バッグブランドのマスターピース。カスタムで自分好みのバックをつくれるオーダーメイドシステムも魅力です。カジフェスではレザーアイテムのワークショップを企画。カジフェスの刻印を施してくれるイベントも行っていて、出来上がりを楽しみに待っているお客さんの姿が印象的でした。「来年25周年イベントがあるかも…?」とニヤリ顔の福井さん。期待してます!

 

 

ついつい二度見してしまう、インパクト大な『ADD WALL』

 

 

カジフェスを楽しんでいると、気になるお店を発見! こちらアドウォールは、普段は塗装屋さんだけどカジフェスに合わせてペイントショップとして出店しているのだそう。ワークショップを行っていたスタッフ松下さんにお話を伺って、なかなか身近でなかった塗装に興味が湧きました。

 

 

オーストラリアでつくられたこだわりの塗料を使っているんですよ」

 

http://www.add-wall.jp/

 


 

ショッピングの合間に、ほっと一息『SPORTY COFFEE』

 

 

たくさんお買い物をして一息つきたくなったそんなときに、目に飛び込んできたのは、こちら。いつもはアメ村にあるスポーツウェアブランドAKTR SPORTS SUPPLYに併設されているコーヒーショップです。コーヒーを待つ間、スタッフの九野さんにお話をお伺いしました。「いつもとは違う人たちにもコーヒーを飲んでもらえるので、それがモチベーションアップに繋がります」

 

 

「いつもとは違うお客様と接する事ができて楽しいです!」

 

http://sporty.coffee/

 



 

『カジフェス2018の魅力を徹底調査! 』いかがでしたか? 個性豊かなショップを1日で楽しめるのはもちろん! どのショップにも笑顔が溢れていて、とても楽しい空間でした。次回もぜひ参加したいです。

 

取材・文 / 大野璃子・西山未緒・平井唯花
大阪文化服装学院 ファッション・ビジネス学科 プレス&インフルエンサーコース

Facebook Twitter LINE
loading