カジカジから生まれたWEBメディア「コンパス」
Facebook Twitter LINE

2018.11.27 Tue

#Other

【DISCレビュー #03】深く没入できるジャズ〜ヒップホップの5選

【DISCレビュー #03】
深く没入できるジャズ〜ヒップホップの5選

#HIP HOP#ジャズ#新譜レビュー#音楽

Facebook Twitter LINE

コンパス目線で最新のディスクをオススメするミュージックレビュー第3弾。今回は没入感に浸れる音楽を中心にジャズ〜ヒップホップの5枚をセレクト。

 

 

 

Anchorsongが東洋と西洋とを
結合させたニューアルバム

 

 

ロンドンを拠点に活動する日本人プロデューサー、Anchorsongの新譜はサイケで神秘的で、何よりダンサブル。今回タブラやドーラクなどインドの伝統的なパーカッションを採用したことで、ビートとメロディーとが一体化した不思議なダンスミュージックに。まとわりつくような独特のリズム感に入り込んじゃって、知らず知らずのうちにカラダが動き出しちゃう。

 

Anchorsong『Cohesion』
発売中 ¥2400+tax

Tru Thoughts / Beat Records

 


 

鬼才ドラマー、マカヤ・マクレイヴン

が魅せるジャズの新境地

 

 

“ビート・サイエンティスト”の異名を持つマカヤ・マクレイヴンの新作は、新世代ジャズ・シーンを象徴する1枚だ。多彩かつドラマチックに展開する彼のドラム・ビートと、それに合わせ繰り広げられる荘厳ささえ感じるほどのセッション。さらにその上から彼自身によるハイセンスなエディットが施された今作はジャズという単一のジャンルに収まりきらないボリューミーな内容に。

 

MAKAYA McCRAVEN
『Universal Beings』
発売中 ¥2480+tax

P-VINE RECORDS

 


 

UK新世代ジャズ・シーン筆頭のマイシャ
待望の新作は本能的

 

 

UKジャズ・シーンをリードする6人組バンド、マイシャがスピリチュアル・ジャズの新定義を提案するアルバムをドロップ。今作は荒野を駆けるような疾走感とダイナミックさが掛け合わさった楽曲もあれば、メディテーションにもうってつけな楽曲も、という情熱と冷静さとが同居した構成だ。凝り固まったマインドセットを解きほぐすような音の波に酔いしれて。

 

Maisha『There Is A Place』
発売中 ¥2400+tax

BROWNSWOOD RECORDINGS / Beat Records

 


 

maco maretsが提供する
朝のベスト・ミュージック

 

 

福岡の新鋭ラッパー、maco maretsが極上のベッドルーム・ミュージックをふんだんに収録したセカンドアルバムを発表。今作で彼は過ぎ去った出来事を思い返すような内省的な詩世界をローキーなフロウで表現し、作品全体を通して起き抜けのような爽やかさを演出している。コーヒーとトースト、それにこのアルバムがあれば、最高の1日の始まりになること請け合い。

 

maco marets『KINŌ』
発売中 ¥2400+tax

Woodlands Circle

 


 

宇宙の果てまでぶっ飛ぶような
KOYAN MUSICのイルマティックサウンド

 

 

神奈川県相模原市を代表するヒップホップ・グループ、SD JUNKSTAのメンバーでもあるKOYAN MUSICがスペーシーなビートを収録したインストアルバムとラップアルバムの2枚組をリリースする。言わずと知れたエレクトリック・ピアノの名器『Fender Rhodes』を全編に採用していることで、宇宙空間を空中遊泳しているような陶酔感を与えてくれる音像となっている。

 

KOYAN MUSIC『No Border』
12/5発売 ¥2800+tax

VYBE MUSIC

 

Facebook Twitter LINE
loading